お誕生日@ゆっこちゃん 2012
お誕生日にお花

はっぴばーすでー、ゆっこちゃーん。
毎年、叔母さんからお花が贈られてきます。
うれしいです。

とうとう30代最後の1年となりました。
でも年を重ねるのもそれほどイヤではないと思える今日この頃。
それはきっと今のアラフォーの先輩たちが若々しく活躍したりしているからでしょうか。
まだまだこれからという気になれますね。
鏡に映る自分は明らかに変化はありますけれどね。

最近、残業続きのだんなはん。
今日は休日ということもあり、昨夜は遅く帰ってきて、そのあとテレビなんぞみていたので、
寝たのがかなり遅かった。
なので起きるまでそのまま寝せていたら、お昼近くまで寝ていた。

なーんだ、これじゃ普通の休日で終わりかなぁ。
子どもの遊び相手しながら、それでもいいかぁ。

なんて思っていた。

のそのそと起きてきただんなはん。

頭ぼさぼさの寝起きそのままってかんじの姿で

「お誕生日おめでとう」

と小さな箱を渡される。

えっ???

なになに???

ぷ、プレゼント???

サプライズではないですかぁ〜!!!



大きさ的には・・・・

まーさーかーのぉ

3DS?

・・・にしては軽いぞ。

もうゲームってことはないだろう。

ラッピングをあけてみると・・・



サプライズぅ


低周波治療器。

これまたおさーれ。

首からさげて、
本を読みながら、料理しながら、パソコンしながら肩もみしてくれるそうな。

いつも「肩がいたーい」と言っていたのを覚えていてくれたのね。

ありがとー。

早速、肩につけてみる。
イヤホンのようなカタチのパットは首から下げるみたいに繋がってはいけるれど、
真ん中をはずすこともできる。
メニューは「おためし」「おし」「もみ」「たたき」の4つ
強さも調整できます。

最初はまず「おためし」でスタート。

・・・

あんまり効かないぞ。

強くしてみる。


ぎゅいーん。

ぎゅいーん。


そうとう強くなります。
自分の意思に反して、肩がびっくんびっくんあがったり下がったり。

こんなに小さいのにかなりのパワー。

「たたき」の時なんて、本当にぐーでトントンさているみたい。

気持ちいいぞ。

でも強さによっては、何かをしながらなんて無理だよ。
料理なんて危ないわい。

静かに肩もみを楽しむのが一番のようです。

でもいいものをいただきました。
ありがとう。

愛してるよー。
| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
息子の突っ込み

昨日の25日はCSであの名作ドラマ「29歳のクリスマス」を全話一挙放送していた。
もちろん録画した。

それをブルーレイに保存できるように、
ちょこまかと編集作業をしていた私。

画面にてでいたタイトルをみていたチビりん。





チビりん 「29・・・ クリスマス。なんて書いてあるの?」






私「29さいのクリスマスだよ。」






チビりん「とっくに過ぎてるじゃーん」







私 「なにをー!!!!?????」






チビりん 「クリスマスがさっ」




と悪びれた様子もなく、純粋にクリスマスのことをいっていたようだ。

クリスマスって昨日だよ。

おまえにとっての昨日はとっくの昔なのか????



年齢のことを突っ込まれたと即座に思い込んだ私は・・・・




なんなんでしょう。




このスッキリしない気持ちは




なんなんでしょう・・・ね。

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
うそっ、A賞????

荷物が届いた。

だんなはんの荷物が届いた。

またなんか買ったのかねぇ。

でも私のアンテナが反応する。

まーさーかーのぉぉぉおおお????


kinectキター


うわっほーい!!!

XBOX360のKINECTだぁ。

本当に買ってくれたぁ。

ありがとー!!!

試験に合格はしていないと思うけれど、
A賞のクリスマスプレゼントだぁ。

期間限定なのかソフトが2本ついていた。
一本はフィットネス系の「YOUR SHAPE
もう一本は「KINECTアドベンチャー!」
これなら子供たちもできるだろう。

はしゃいでいる息子たち

昔、PS2であったEyeToyを持っていたんだけど、
それよりも世界が違うくらい感度はいいし、
バーチャル感を感じる。
ただ感度が良すぎて、反応エリアに他の人が入ると、
再認識しはじめたりしてイラッとしたりもする。
なのでプクりんなどはよくわからずチョロチョロするので、
精神的に余裕がないときでないと、やらせられないかな。
ちょこちょこ画面がとまると、怒ってしまう。




でもすごく楽しそうにやっていた子供たち。




しっかり遊んでしばらくしたら・・・




そしてこうなった

チビりん発熱でダウン・・・

お遊戯会が終わって緊張がとけたからか?

月曜日の振替休日。
TDLは無理かな。

☆ 追加のひとこと
フィットネスのソフト。すごい。
自分の姿がそのまま画面にでるので、
鏡をみているように動きを確認できるのがいいね。
wiiFitとは違うよさです。

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
最近の出来事。箇条書き。

・義理父の家のトイレを使った時、便座があまりにも熱くて飛び上がりそうになった。
何度に温度設定しているんだ!? あれ、危険。やけどすっぞ。



・最近、宅配のお兄さんが若くなったので喜んでいたが、
久しぶりにやってきた旧・お兄さん。
「ここだけの話ですけど、また年明けからここエリアの担当になるかもしれないです。ここだけの話ね。」とうれしそうに話していた。
まず、またお兄さんからおじさんに戻ってしまうことが残念。慣れているからいいけれどさ・・・
それとここだけの話にしている意味は? そんなにトップシークレット? 話したことで私にメリットは?


・思い出せないことが多くなってきたぞ・・・
この前は「スタンドバイミー」にでていた主人公は誰だっけ?状態。
ネットで調べる私。
ああ、リバー・フェニックス。
かっこよかったよねぇ。亡くなってしまって残念だったよねぇ。
・・・なぜかコリー・フェルドマンは思い出せた私。


・プクりんの入園面接。「お名前は?」と聞かれたら「◎◎プクりんです」と答えると教える。
「何歳ですか?」と聞かれたら「3歳です。」と答えると教える。
本番では「お名前は?」と聞かれたら「◎◎プクりんです」と答えられた。クリア。
「いくつですか?」と聞かれて困惑するプクりん。変化球にはまだまだ弱い3歳児。



・キッチンには出入り禁止だと何度も言うが守れない子供たち。
この前、プクりんが入ってきたので注意したら目をつぶって手のひらを私に向けて無言の静止。
思わず笑いそうになったが、ここで笑ったら負けてしまうのでこらえた。



・パンツを前後間違えて履いて幼稚園に行ってしまったチビりん。
帰ってきてから気づいたご様子。
「とーちゃんにはナイショにしておくよ。」と言った私。
ここで公にしちゃったわー!!!



・でかける直前に忘れ物に気づき、2階にダッシュで取りに駆け上がる。
履いていた靴下が床で滑って、すねを強打して、尻もちついた。
大人用の靴下にも赤ちゃん用の靴下についているツブツブの滑り止めも時には必要です。



・チビりんお迎えの時間。お昼寝から目覚めたプクりんはチョー機嫌が悪し。
今日は雨だし、この調子では自分ではあるいてくれない。
無理かな? と思いつつ昔使っていた手作りのスリングを出してそれで抱っこしてみる。
入ったことは入ったが、キツイ・・・
大きくなったのはプクりん? それとも私?
両方だろうな。



・大きいネタ続きます。
どうしようもない肩こり。肩をもんであげると夫に言われて背中をだす。
「なんか大きくなったね・・・」



・子供たちと一緒にお風呂に入るときにチビりんが
「なんかかーちゃんおっきくなった?」

うちの男どもはどいつもこいつもよー!!!!

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
あの子、すごいな。

今シーズンのドラマではまったのがフジテレビの
それでも、生きてゆく

重そうな内容とは思いつつ、
何気に瑛太氏好きな私は観てしまった。
(といっても溜めたものを一気にだけどさ・・・)

いやー、びっくりした。

何にって?


あの女の子。


満島ひかりちゃん。


すごい演技力。


あまりにも自然で、どこにでもいそうな女の子。


ぐいぐい引き込まれた、彼女の演技に。


でも軽く「演技」といっていいものか・・・


なんかそれでは失礼な気がする。



それくらいありのままというか、「遠山双葉」になっている。


最近までまったく知らなかった女優さんだけど、
私も演技に関してはまったくの素人だけど、
彼女は私の中ではピカイチな女優さんかも。
すごくかわいいけど、何かしら強い力を感じた。


これからの活躍がとても、本当にとても楽しみっっ。


☆ 追加のひとこと
とにかくドラマ関係の録画が溜まっていた。
先日、やっと1月からやっていた「外交官 黒田耕作」を観おわった。

内容は「ううむ・・・」という感じではあったが、
2月10日のストーリー中に地震速報が流れた。
そんな大きな地震ではなかったが、
まさに3月11日に震災を受けた場所の地名が次々と流れた。
この一ヵ月後に、さらに大きな地震と津波来たかと思うとぞっとした・・・

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
映画DAY
評価:
コメント:切ない。もう一度観たいと思えた映画。

チビりんは預かり保育。
天気は雨。
出かける気はなし。
プクりんは午前中からウトウト・・・

なのでプクりんが寝ている間だけと思い、
撮り貯めていた映画を観た。
再生速度は1.3倍でね。
(この機能、一番使ってます。Panasonicバンザーイ)

2006年の韓国映画の「DAISY」
公開されたときから気になっていた映画。
なかなか観るチャンスがなく、
たまたまCSでやっていたので録画。

期待以上の映画だった。
久しぶりに泣いた。
韓国の映画はあまり観ないので、俳優さんが誰が誰だかよくわからないけれど、
主演の女優さんは「猟奇的な彼女」を演じた方。

率直な感想は

「静かに熱い」。


恋焦がれる女性の気持ちはわかるけれど、
男性がここまで純粋に恋をして、
せつなさを言葉ではなく表情と態度で表現できる姿はあまり見たことがなかったので、
それがまた新鮮でステキだった。

もう一度、いえいえ何度でも観たいと思えた映画に久しぶりに出会えたかな。

おお、まだプクりんは寝ているぞ。

次の映画。

こちらは懐かしくて思わず録画してしまったもの。
1985年に近藤マッチでぇすと、中森明菜ちゃんが出演した「愛 旅立ち」。
当時は明菜ちゃんのファンで、この映画がみたかったんだけど、
まだ小学生だったので、映画館に行くのを親から反対されたのよね。
でも後でビデオを借りたか、テレビでやったのをみたと思う。

内容はなんとなーくしか覚えていなかった。
なんせストーリーよりも明菜ちゃんが見れればよかったんだもの。
改めて観るとファンタジーだったのね。
演出とか今からみるとあまりにも古い。
でも楽しく観れたよ。

率直な感想は

「若者は燃えあがると一気にいくねぇ。」

こんな映画はやはり80年代でないと成立しないであろう。

☆ 追加のひとこと
久しぶりに一時停止をほとんどせずに映画がみれた。
お話に集中できるっていいねぇ。
プクりんは途中で起きたけれど、一人だとおとなしいし一緒にみてました。

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
温かさにありがとう X 3
うれしいポテチ

昨日の夕方、荷物が届いた。
アメリカに住むお友達から。
日本ではみかけない味のプリングルスとポテトチップス。
そしてメッセージカード。

予期せぬことでびっくりしたけれど、
お友達のやさしさに心が温かくなった。

私の人生の中で何度も彼女には助けられた。
私は何か返すことができるだろうか?

震災後、電話がかかってきたときに、

「いつか必ず日本に来てね。」

と言ったら、

「円高じゃなくなったらね♪」

と笑って言ってくれたことが、私の希望になったのは正直な気持ち。


***********************************


野菜の宅配を隔週で注文しているんだけど、
昨日届いた野菜はほとんど品数も減っていなかった。
お客様が不安にならないように、
すごくがんばって集めていたんだろうなぁと・・・
そしてドライバーのお兄さんが

「ちょっと待っててください。」

といってトラックから500mlのお水を2本とってきた。

「小さいお子様のいるおうちへのプレゼントです。」

泣けた。

こういう心遣いに泣けた。

そして泣ける自分に

「ああ、私は生きているんだ。」

と実感した。
(大げさ? 今の私には大げさではないのです。)

水道水もまたいつか摂取制限がでるかもしれない。
今度は乳児以上も対象になるかもしれない。
その時に大事に飲ませようと思った。


***********************************


不安定な私の気持ちをチビりんも何かしら感じ取っているんだろう。
必要以上にしかりつけたり、突き放したりしている母の私を、
すごくすごく元気付けようとしてくれるのがわかる。

「僕はかーちゃんがよかったからここにきたんだよ。」

と言ってくれたり、

「ずっと一緒にいようね。」

とか、

「一緒にいてくれてありがとう。」

と言ってくれたり。

4歳の息子に助けられてます。

今日、ひざの上に乗せて抱っこしていたときに、

「うた〜お〜 なき〜たいときはぁ、Ohh
なみだぁなんて すぐかわいちゃうよぉ
うたごえは げんきぃをだすぅ〜 まほぅ〜
うた〜お〜!うれしいときもぉ Ohh
ブラボー しあわせぇをありがとぉ〜
うたごえは かみさまのプレゼントぉ〜」

といきなり歌いだしたの。
おかあさんといっしょの「ぼくらのうた」って曲なんだけど。

響いた。

心に響いた。

今日はなんかねぇ、それからちょっと元気がでてきて、
子供といつもより向き合って遊べたかな。


***********************************


今の私の不安は原発です。

計画停電も不安の1つだけど、
心を占めている不安は原発です。
国内で無理なら、海外の知識のある人にすぐにでも助けてもらってください。
なんとか、なんとか沈静化させてほしいです。
きっと日本国内だけでなく、世界中が思っていることでしょう。

電力が足りないなら、いろいろ工夫して、
いつかはその生活に慣れる事でしょう。

復興だって命あってのこと。
立ち上がろうとしている人たちの気持ちをこれ以上不安にさせないでほしいです。

子供たちの未来を想像できる生活を送りたいです。

☆ 追加のひとこと
毎回、暗い日記ですみません。

今日も無事に一日が過ごせました。
感謝します。
| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 17:22 | comments(2) | trackbacks(0) | -
映画 『うまれる』 を観てきたよ

ドキュメンタリー映画 『うまれる』 をやっと観にいくことができました。
タイトルの『うまれる』はいろんな意味を含んでいるものでした。

子供がうまれる。
愛情がうまれる。
感謝がうまれる。
絆がうまれる。

親から虐待を受けた人が親になった人。
出産予定日におなかの中で赤ちゃんが突然亡くなってしまった人。
うまれつき重い病気を抱えて生まれてきた赤ちゃんを迎えた人たち。
不妊症の治療をしてきたけれど、子供を持つことを出来なかった人。

リアルです。

子供を持ってしまってから観ると、
いろんな感情がすべてわが子へとつながり、
子供がいることがどれだけ奇跡で、幸せなことかと痛感させられます。

映画の中ででてくる産婦人科の先生たちが言っているのは、
子供には命のバトンをつないでいるということ。

目に見えないバトンだけど、
子供がいるだけでそのバトンは存在し、
確実に渡していかなければいけない責任の大きいバトン。

子供たちが次にそのバトンを渡すときに、
少しでも自分の気持ちが伝わっていたらと願ったら、
『今』の子育てがどれだけ重要かというのもよーくわかってくる・・・かな。

映画を観ながらずっと泣いてました。
そしてずっと力を入れてみていたようで、
見終わった後は疲れがどっとでた。

だけど家に帰ったときに、笑顔で迎えてくれた子供たちがとても愛おしく思えたね。

本当はだんなはんにも観てもらいたかったけれど・・・
いつか夫婦でみることが出来たらと思いました。

立会い出産をしただんなさんが「やっぱり何もできなかった。」と映画の中で言っていたけれど、
そんなことはぜんぜんないのだ。
私も立会いだったけれど、そばにいてくれるだけでどれだけ強くなれたことか。


非常にお勧めな映画です。
全国上映されているけれど、
場所が少ないのが残念。
興味を持った方は、『うまれる』のサイトに上映情報などが詳しく載っているのでご覧くださいませ。

エンドロールではやはりうちの写真が使われてました。
うれしかったわ。

☆ 追加のひとこと
でもすぐに雷どかんどかんの生活に舞い戻る。
これ子育ての不思議。

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「お願い」という一言

チビりんの風邪が落ち着いてきたと思ったら、
今度はプクりんがおとといの夜から発熱。

チビりんの風邪がうつったのかなぁ。
兄弟どちらかが具合悪きゃー、
必然的にもうひとりにうつるよなー。

しかし、発熱だけで咳、鼻水などの症状がでてこない。

昨日、病院に連れて行ったんだけど、
今はりんご病も流行っているようだ。
(他にも流行っているもので百日咳、胃腸炎などなどあるようだが)

ただ、このりんご病。
発熱して熱が下がってから、一週間、二週間してから顔が赤くなるようだ。

そんなタイムラグがある病気ってなんなのー。

もしほっぺが赤くなっても、
日々のあわただしさで、数週間前の発熱なんてわすれてしまいそうだわー。


と、まだりんご病と決まったわけではないし。


で、昨日も昼間はすこーし熱がさがったプクりん。
でも本調子ではまったくなく、
ずーっとごろごろしたり、寝ていたりしました。

昨日はチビりんの習い事があったんだけど、
一緒に通っているお友達のママにチビりんだけ連れて行ってもらいました。

チビりんも行く気マンマンだったので、
プクりんのせいでお休みさせるのは申し訳ない。
一人でも参加できるというので、お友達に送迎をお願いしたんだけどね。

よかった・・・

助かった・・・

友達ってありがたい。




そして今日。

まだお熱あるあるプクりん。
今もがっつり寝ている。

昨日はチビりんのバスのお迎えの時間ギリギリまで寝ていた。
目覚めはまぁまぁよろしかったが、
元気なし。
普通のお昼寝ならば、寝ていても抱っこしていってしまうんだけど、
状況が状況なだけに・・・
あんまり外に連れ出したくないなー。
起こしたくないなー。

今朝も熱があるけれど、家においておくわけにはいかないので、
バギーに乗せてバス乗り場にいった。
どうしても買いに行かなきゃいけないものもあったので、
帰りにコンビニによるか・・・

同じバス乗り場を利用している年長さんのおばぁちゃんが心配してくれて、
ことの経緯を話したら、

「私が買ってきてあげるし、お迎えもやってあげるから、
家にいなさい。」

と言ってくれた。

ちょっとプクりんのことが心配でもあったので、
お願いすることにした。

帰宅して10数分。

ピンポーン。

お願いした買い物を届けてくれた。
汗をかいていたから、走っていってくれたのかなぁ。

よかった・・・

助かった・・・

ご近所さんってありがたい。



ここはだんなはんの実家のある土地で、
親戚もまわりにはいるが、親しくしている親戚はいないし、
義理父の家も歩いてぱぱっといける距離ではないし、
高齢なので、
なかなかお願いしづらいし。
もちろんうちの実家も遠いから、
頼れる身内がいないのが現状。

こういう環境で子育てしている人って多いんだろうな。

私は幸運にも良い友達やご近所さんに恵まれたからよかったけれど、
大変な世の中だなぁと思った。

でも、

「お願い」

という一言。
結構、勇気がいったと思うのは私だけかな。

なんか、ちゃんと子育てできない自分を認めてしまうようで、
言いづらかったんだよねぇ。



今回、この一言を言えただけで、
世界がぐぐっと広がるって経験できたことがよかったわ。

ひとりで子育てしているんじゃないんだーって思えた。

地域で子育て。

身にしみた出来事でした。


★ 追加の一言
子供たちには早く良くなってもらわないと、
これまた週末の予定がパーになってしまうよー。

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 10:23 | comments(4) | trackbacks(0) | -
SEX AND THE CITY 2

昼間のピクニックの時は、
ドライバーだったということもあるけれど、
前もってだんなはんにお願いしていたことがあり、
お酒は飲まなかった。

実はレイトショーで「SEX AND THE CITY2」を観にいったのぉぉ。

前作が2年前。

ちょうどプクりんを妊娠中で、
どーしても、どーしても映画館で観たくって、
でかいおなかをして、その時もレイトショーを観にいったのでした。

その時の日記はこちら↓
2008.08.29 Friday レイトショーでSATC


公園でがっつり遊んだ子供たち。
19時過ぎには寝てくれたので、
20時15分からのレイトショーには余裕で間に合った。
久々に一人で映画よー。

前回も映画館でみて圧倒されたけれど、
今回も圧倒再び。
そして引き込まれます。

そんなにファッションには興味のない私だけど、
やっぱり4人の衣装には釘付け。
特にキャリーのはかわいいけれど、どこか大人な感じなのがとてもいい。
露出が多くても、セクシーだけど、いやらしすぎない。
キャリーみたいに奇抜な格好はできないけれど、
私も40過ぎたときに、かわいいママになれたらなぁと思うな。


ストーリーは前回はキャリーが結婚するところまでがメイン。
今回は結婚して2年たったキャリーがメイン。
もちろん同時進行で他の3人のストーリーもふんだんにからんできます。

私はねー。

ちょっとネタバレになるけれど、
一番印象に残ったシーンは、
シャーロットとミランダとのバーでの会話。
母としてのぶっちゃけトーク。
深く共感しながらも、なんか一緒に泣けてきた。

どこまでも現役なサマンサには、
ここまできたのなら、
死ぬまで現役でいてもらいたいわ。
彼女ならできるっっっと思えるわね。

まさか前作のハッピーエンドから、
続きができるとは思っていなかったし、
なんでもパート2はコケたりすることが多いから、
どうなるだろうとハラハラしながら観たというのも正直な感想。

でも期待をまったく裏切らないエンディングでよかった。

心もほっこり。

そして改めて友達を大切にしなきゃなぁと思ったのでした。

★ 追加の一言
続きをみたいような・・・
でもこれで終わったほうが一番よい気がする。
ああ、またシーズン1から観たくなってきたぞ。

| ゆっこ | 感動したぢょ、おこったぢょ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -