「幸せになれる宗教画」の読書感想文
仏教だけではないですよ、興味があるのは。
どーした私。最近、どーした。
何か救いを求めているのか!?
わっかりませーん。

ブログを開店休業している間にもいくつか本は読んでいました。

本屋さんでビビビっと目にとまった本。

ハネムーンでイタリアにいったけれど、
美術館を訪れることが多く、
ほとんどが宗教画。
キリスト教のこともまったく知らずに行ってしまったので、
「最後の審判」や「最後の晩餐」を見ても
「すごいなー」で終わっていたのです。
今思うと、ものすごくもったいないっっっ。

で、その後「やさしいキリスト教」の本を読んだりもしましたが、
今回は宗教画についての本なのです。

これがまた面白い。

「アンパンマンはイエス・キリストだった」

「聖母マリアはAKB48のようなアイドルだった」

そんなキャプションがついていたら、もっと詳しく知りたくなるじゃないですか。
そこからその絵が意味することを理解する。

この本は「愛されたい」「強くなりたい」「変わりたい」など、
テーマごとに章があって、
その時の読者の気持ちで選べるのです。

「だれか側にいてほしい、寂しい人へ」

を選べばダヴィンチの「最後の晩餐」のことが書かれています。
そしてなぜ「だれか側にいてほしい、寂しい人へ」へつながるのかをわかりやすく説明してくれます。
この絵をみるポイントも書かれています。
キリスト教のことだけではなく、現代社会に生きる私たちにもあてはまるように書かれているところがおもしろく、
最後まで一気に読んでしまったのでした。

で、キリスト教のことがわかったかといえば・・・
それはまだまだわかりません。
| ゆっこ | 読書感想文 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.nikukyuworld.com/trackback/883868