「食べる?」の読書感想文
気になる食材があれば、厚労省の放射性物質の検査データを見るか、
市民測定所のブログなどを検索しないといけない状況で、時間もかかるし、よくわからないっっっ。

いつも拝見していたブログ「チダイズム」のちだいさんが、
そんな悩みをもった方の為に本を作ってくれました。

これねー、非常にわかりやすい。
見やすい。
食材ごとの今までの検査結果や心配しなきゃいけない点、警戒グラフなどを取り入れてくれてます。
放射能対策というハードルを低くしてくれました。
実家の母にも見せてあげたい。

そして今まで気にしていた食材も意外と大丈夫なものもあったり、
引き続き気にしなければいけないのもわかったかな。

ただ対策は今後数年という話ではないし、
福一から今でも汚染水がダダ漏れな状態。
海産物だけでなく、汚染された海水が蒸発して雲になり、雨になってまた陸に戻ってくる可能性もあるわけで。

あぁ、こんなことを書いている私は世に言う「放射脳」とやらになんだろう。
マイノリティなわけで。
神経質なのかなぁとか、気にしすぎなのかなぁとか。
常に気持ちは揺れています。

低線量被ばくによる発病って、食中毒とかみたいにすぐに症状がでてくるわけでもなく。
何もでない人もいるだろうし、じわじわと弱っていくこともあるんだろう。
わからないけれど、
わからないけれどね。

被ばくのことを考えない日は一日もないです。
でも落ち込んでいてもしょうがない。
明るくいくしかないっしょ。
| ゆっこ | 読書感想文 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.nikukyuworld.com/trackback/883866