ハリボテすぎる
区の教育委員会主催の親子ふれあいコンサートに行ってみた。
吹奏楽に触れられるし、とてもいい機会だなぁと。
楽器紹介クイズでの会場内での子どもたちの参加率、相当なものでしたよ。

アンパンマンの「サンサンたいそう」を演奏した時なんて、
プクりんは「ちょっと行ってくるっっ!!!」
と一人で舞台前に降りていき、他のちっちゃいこと一緒にちゃんと踊っていた。

こういうイベントいいじゃーん。

盛り上がってきたねー!!!

途中で仮面ライダーウィザードの曲を演奏が始まる。
司会進行をしていたおにいさんとおねえさんが「ウィザードが来てるよ!!!」なんて盛り上げるので、
期待度アップ。

登場したウィザードとは・・・

これがウィザードですか!?


ハリボテすぎるっっ。


ちゃんとしていたものと言えば、ドライバー(市販品)&指輪(市販品)のみ。
その指輪もリングの部分が子供サイズのままなのか、指先までしかはまっていないし。
あとは手作り感出し過ぎ。

本物はこちらを参考にどうぞ↓ 
仮面ライダー ウィザード
今回いたウィザードは「フレイムスタイル」です。

子どもたちもキョトンですよ。
自称ウィザードが会場内を歩き回るのだが、
お客さんが握手を求めるにも躊躇してしまうので、
自称ウィザードから手をだしてましたよ。

次はプリキュアが出てくる。
コスプレをしただけの高校生あたりが全力で踊ってました。

教育委員会主催とはいえここまでひどいとは思わなかった。
こんなハリボテをつれてくるのなら、吹奏楽団のみでやってくれたほうがよかったよ。
演奏は本当によかったのになぁ。

友達が他の教育委員会主催のイベントはすごくよかったのもあったよ、というので、
今回はきっと担当部署が違ったのだろう。そうとしか思えない。
冒頭にあいさつしていた部長だかは知らない人でしたし。

子どもたちの心に「僕たちの街にウィザードの偽物がいた」と植えつけられていなければいいが・・・
私としてはある意味レアキャラとしてウケましたけどもね。

☆ 追加のひとこと
ボロクソに書いてしまいましたが、あのウィザードを作るのにたくさんの人がかかわったことを考えたら、うーむ・・・となってしまいますが、
区民として、子供の親としてはもう少し考えてもらいたかったなぁと。
あの手作り感を理解できるような子どもはいたとしても少数だと思います。
区長への手紙でも出すか!?
| ゆっこ | 今日のできごと | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.nikukyuworld.com/trackback/883849