最後のお母さん弁当@チビりん (年長さん)
最後のお弁当

チビりんへお母さんが作るお弁当は最後の日。

3年間、残さず食べてくれたことの感謝の気持ちをお手紙としてお弁当箱につけておきました。

帰りのバスから降りたチビりんは、

「かーちゃん、お手紙ありがとねー。」

「だいすきー」

ぎゅー♪ (ハグの嵐)

これ、私の予想。



帰りのバスから降りたチビりんはいつもどおりに家に向かいながら、

「今日のおやつはなーに?」

ですって。

これ現実。



「お弁当にお手紙ついていなかった???」

自分から聞くのも恥ずかしいわ。

「あったよ、読んだよ。でも最初、どうやって開くのかわからなかった。」

そこかよっ。

なんだかあっけなくお弁当の日が終わってしまいました。
感傷的になっているのは母だけのようです。
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.nikukyuworld.com/trackback/883847