じゃがいも掘り@プクりん (年少さん)
真剣に聞いてます 

今日は年少さんのプクりんのじゃがいも掘り。
なんせ初めてのことなので、先生の説明も一生懸命聞いているプクりん。
目の前で掘って見せてくれて、土の中からごろっとじゃがいもが出てきたときには、
めちゃくちゃ目を見開いて、ぅわーおーてな表情をしていたプクりん。
じゃがいもに感動している姿がとっても愛おしく見えました。
いつも食べているおじゃがはこうやって出来ているのよー。

そして自分が掘るべきじゃがいもがあてがわれた。

これ、やるんか?

説明は聞いたし、目の前でデモンストレーションも見た。
しかし、いざ自力で掘ってとなると、戸惑っているプクりん。

先生に助けられながら茎の部分は引っ張れた。

が、それからどうしていいのか忘れてしまったご様子。

葉っぱをもってフラフラ

茎を持ちながらフラフラと徘徊して、
結局、先生の前にぼーっと立って気づいてもらうまで待ってました。

その後、別のじゃがいもを掘り掘りしてまたボーっと立っていたら先生が、

「ほら、あそこにママがいるよー。みせてあげなー」

と言ってくれたので撮影した一枚。

掘りましたよー

笑顔なし。
緊張しているのか???

土の中に残っている小さなじゃがいもが興味あるようで、
それをあちこちで見つけては喜んでました。

がっつりと土はまだ触れず、
一個取ってかごに入れたら手をパンパンとはたき土を落とすを繰り返す。
でも初めてのじゃがいも掘りは上出来ではなかったでしょうかね。

たまに見かけた光景。

プクりんはややデブだし、
ぼーっとしていることも多いせいかお友達からドンと押されるところを何度か見た。
うーむ、うちの子はやっぱりどんくさいのだな。

畑から幼稚園へ帰るときは緊張から解き放たれたせいなのか、
母に向かって逆・豚っぱなをしてました。

ホッとしてのぶー???
| ゆっこ | 子育て(プク3歳) | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.nikukyuworld.com/trackback/883710