言われたいから

プクりんは何でもない時にふっと

「かーちゃん、大好き」

と言ってくれる。

「かーちゃんもプクりんのことが大好きだよ。」

とすぐに言い返している。

この会話で満足なんだと思っていた。


あるときプクりんが

「プクりんはいつも『大好きっ』て言ってもらえない。」

とつぶやいた。

ああ、そうか、そうだったのか。

自分からではなく、相手から先にいってもらいたかったんだね。

だから一生懸命に「大好きだよ。」と自分から言い続けていたのか。

子どもの『変化球のようなストレートボール』に気づかなかったよ、かーちゃんは。
ごめんねー。
今度からは私から「大好き」と言おう!!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

プクりんがチビりんに「大好きっっ」と言ったら、

「男同士はおかしいだろー!!!」

とチビりん。

なので私が

「チビりんはとうちゃんが大好きじゃん。だけどとうちゃんは男だよ。」

と言うとすかさずチビりんが、



「それは恋だろー!!!!」




だって。


それこそおかしいだろっ。


父に恋をしているのか!?

| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
じゃがいも植え@プクりん (年少さん)
じゃがいも植え

年少さんと年中さんはじゃがいもを植えます。
寒い日でしたぁ。
ジャージとはいえ、袖から手を出すのもかなりつらかったのではないかと思います。

植え方を男の先生から説明を受けている時もプクりんは聞いているんだか聞いていないんだか。
じゃがいもとじゃがいもの間隔もなんだか適当。
チビりんなんて両手で何度も何度も間隔を確認していたのに、
プクりんはポイポイッと土に置いて終了。

あっさり終了

私を見つけてヘンテコな踊りもしているし。
こいつ、大丈夫か?
兄の神経質さを少しわけてあげたいくらいだ。

1人2つくらいしか植えないのであっという間に終了しました。

☆ 追加のひとこと
習い事のスイミングでプクりんはおぼれた。
ヘラヘラしながら水中でジャンプしていて、
そのまま足場のないところまででてしまいブクブクブクー。
アニーメーターは他の子の相手をしていたので、しばらく気づかず。
焦った私は見学者の窓ガラスをバンバンたたいて知らせた。
結構、長い時間おぼれていたプクりん。
助け上げられたときには泣いていたが、
その後、再びレッスンに参加し、ちゃんと潜っていた。
よかったよー。これで怖くなってもうやめるとか言われたらと・・・
こういうところはすごいなーと思ううちの次男さん。
ポジティブ? 忘れっぽい? 神経が図太い?
| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
チョップスティック・ステップアップ
わっかなしのお箸からステップアップ

プクりんがゆびを入れる輪っか付きのお箸から、
上だけがついていお箸にステップアップしました。

このお箸になったことで、自力で挟むことが必要になってきたが、
いち方向にしか開かないので、
食べ物を2つに割ったりするには難しいねー。

早くただのお箸になれるといいね。
| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
感動の上に感動
プクりんからの手紙 

プリプリのライブから帰ってきたら、
玄関のカウンターにそっと置かれていたプクりんからのお手紙。

「かあちゃん」

という文字と

「プクりん(実際は本名ですが)」

という文字。

初めて見たのです。プクりんの文字。
ひらがな、カタカナは読めるようにはなっているけれど、
書くのはなかなかやらなかったの。
だけど私が留守にしている間にだんなはんと練習したようで、
こどもちゃれんじについていたクリスマスカードを私宛にしてくれたのです。

ライブで感動して帰ってきて、
プクりんからの手紙でさらに感動したっっっ。

ありがとう。
| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
おまじない

昨日、幼稚園にいったものの、お昼ご飯を食べた後にまたまた発熱したプクりん。
電話で呼び出されて、幼稚園へお迎えに行きました。

事務所のベッドで寝ていたプクりん。
39度を超えていたようだ。

でも熱のピークはこの時だったようで、
それからは微熱程度。

今日も微熱程度だったが、また熱が上がってしまうと困るので幼稚園はお休み。

微熱程度なら元気なプクりん。

何かの拍子に足をぶつけた。

自分で足をさすりながら、
おまじないをつぶやいていた。



「いたくないの、いたくないのとんでいけっっっ!!!」



・・・おバカ・・・

痛くないのだけ飛んで行ったら、自分には激痛が残ってのた打ち回ることになるぞっっ。

| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
洗濯者
洗濯ネット

自ら洗濯ネットに入り、チャックも閉めてくれとお願いしてくるプクりん。

洗濯物ではなく、洗濯者である。

ネットの中に入って床の上をゴロゴロしてました。

一人で笑ってます。

たのしいんだとよ。
| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
頭から流血
チビりんの焼き芋大会を見学して、その足で急いで区役所へ傍聴しに向かう。
へいこらさっさと自転車を飛ばして、やっと会議室に入り、
区議の討論をみて数分。
携帯が鳴る。
マナーモードにしていたので無視していたが、
何度もなるので確認すると、なんと幼稚園から。

会議室から出て、電話にでるとなんと園長先生から。

一瞬、頭の中で

「なんか放射能関係の話か???」

と思ったが聞こえてきた言葉は・・・

「あのー、プクりんがですねー、幼稚園でけがをしまして。
おでこの横を切って血がでているのですがー、
縫うほどではないと思うのですがー、念のため病院に行った方がいいとおもうんですけれどー」

はい?

怪我?

頭から血がでている?

「けがした原因とかはこちらにいらした時にお話をさせてください。」

といのではないか。

「わかりました。今すぐ向かいます。」

といって、傍聴していたお友達に軽く説明をして、
またちゃりを飛ばしてまずは自宅に向かう。
そこから車に乗り換えて幼稚園へ。

事務所で園長先生に絵本を読んでもらってまっていたプクりん。
おでこの横にガーゼをしていた。


頭をぱこっ

笑顔も見せていたので、大丈夫そうだ。

その後、担任の先生からけがをした時の話を聞いた。
ようはお友達と喧嘩をして、
プクりんも手をだしたが、相手はクレヨンのフタ(プラスチック製)でぶち返し、
プクりん頭から流血ということだったらしい。
先生も止められなかったことをものっすごく反省していた。

確かにけがをしたことは心配ではあったが、
相手にけがをさせてはいなかったが、うちも手はだしていたわけで。

プクりんに「お友達にごめんなさいって言ったの?」と聞いたら「していない」というので、
そのまま教室に連れて行き、プクりんにあやまらせた。
相手の子も顔をひきつらせながらも「ごめんね」といって最後は泣きそうになっていた。
彼もかなり怖かったのかもしれないな。

その後、食べられなかった給食弁当を受け取り、早退した。
車に乗せて、駐車したまま総合病院に電話するも、診察時間を過ぎているし、
先生も手術の予定があるので受け入れられないといわれる
このお返事をもらうまで電話で10分近くまたさせる。
プクりんは寝てしまうし。

どーしよ・・・

ちょうど別の年長さんのクラスで焼き芋大会をやっていた。
それを見学していたママ友達に事情を説明。
自分ではわからなかったけれど、結構テンパっていて冷静じゃなかったみたい。

こういう時にママ友達は頼りになります。

「あそこの病院は?」
「いや、あそこもいいんじゃない?」

いろいろ病院をあげてくれた。
それで行くところが決められた。

形成外科に行った。
縫わないで済んだし、数日前に風邪で飲んでいた抗生剤が化のう止めにもなるので、
傷口に塗る軟膏くらいで飲み薬などは必要なかった。
よかったわー。

それほど痛くもないようで、家に帰ってきてからは・・・

おうちで給食弁当

給食弁当をペロリと完食してました。

しかし、持ち帰ってきたスモック。
かなり血がついていた。
流れたんだろうね。
本人もびっくりしただろうけれど、
それを目撃した同じクラスのお友達は相当ショックだったのではないだろうか。

夜には相手のお母さんとお父さんから謝罪の電話をいただいた。
きっとその子の家では大事になっていたことでしょう。
もし、うちの子が相手をけがさせてしまったら、やっぱり謝罪をしてしまうし、
本当に申し訳ないとおもってしまうよね。

☆ 追加のひとこと
委員会の傍聴がほとんどできなかった。
今が大事な時なのに、こういう時にかぎっていろいろ重なります。
| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
保育参観 2学期@プクりん (年少さん)
やってもらうの待ちます。その1

2学期の保育参観。
相変わらずにぎやかな年少さんです。
本当に先生はまとめるのが大変なことでしょう。

今日の制作物ははさみで鳥のしっぽを切って、
顔の部分に目を書き込み、
家の形に貼り付ける作業です。

家でもチビりんとちょこまかとはさみでカットしながら遊んでいるプクりん。
はさみは一人で十分できますよ。
なのに先生が来るまで待ってます。

甘え上手なんだからぁ〜

やってもらうの待ちます。その2

今度は担任の先生が来るまで待ってます。

もー、ほんとにもー。

できたぁ〜

鳥の顔に目を書いたけれど、なぜか赤だし。
必要ないのに、口まで書いているし。

やってもらうの待ちます。その3

今度は教育実習の先生が来るのを待ってます。
赤く書いてしまった目を黒で塗りつぶして直すのを見てもらっているようです。

魂どこぞへ?

ひととおり作業が終わったら、魂が抜けて一点見つめ。
これ、チビりんにもよくあったこと。
うちの子はよく魂がどこかに行ってしまうのよねぇ。

目が修正されている

でもまぁ、こんな感じで鳥が作れました。

作り方を先生が説明してくれてからの作業だったが、
聞いているんだか、聞いていないんだか。
その場の勢いでやってしまうところが、次男ぽい。

そのあとは園庭を遊んでいるところを見学。

外で遊んでいるのを見学

ずーっと担任の先生にくっついて歩いてました。
お母さんたちが帰る時には先生のおひざの上をしっかりキープ。
私がいなくなる時に泣くことはなかったが、
とにかく甘えたいモードになってしまうと、先生にべったりなんだとわかったよ。

どすこいで重いのにすみません。

今年の年少さんは泣く子が多いねぇ。
連鎖反応だらけ。

それでもきっと年中さんになったら泣く子はググッと減るんだろうね。

| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
芋版@プクりん (年少さん)
年少さんは掘ったお芋でスタンプを作り、
七五三のあめの袋制作でペッタンコペッタンコ押すのである。

もちろんそのスタンプ作成担当はだんなはんになるのだが・・・・

プクりんにリクエストを聞いてみると


「ウィザードがいいなぁ。でも無理ならドーナッツでもいいよ。」

だって。


はい、がんばっちゃうだんなはん。


ウィザードハンコ 

ウィザードのスタンプつくっちまいましたよ。

でもパーツが細かいので、プクりんが上手に押せなかった場合の保険として・・・

保険のための☆

星型も作ってました。

器用なとーちゃんでよかったねぇ、プクりん。
あとは上手に押せるかな!?
| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
クッキング@プクりん (年少さん)
スィートポテトのお土産 

クッキングで作ったスイートポテト。
ひとり2つずつ作って、ひとつは幼稚園で食べて、
もうひとつは家に持って帰ってきました。

だんなはんと半分にして食べたんだけど、
不思議な風味が・・・

「オレンジジュースがはいっているんだよ。」

とプクりんが教えてくれた。

へぇ、オレンジジュースを入れると、
お芋のしつこさが薄まっていいかんじでしたよ。

| ゆっこ | 子育て(プク4歳) | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -