卒園式@チビりん (年長さん)
とうとう卒園式

とうとう卒園式当日となってしまいました。
朝、起きてリビングに腰を下ろしたチビりんが開口一番に言った言葉。

「4年間、幼稚園楽しかったぁ♪」

でした。
(最初の1年はプレスクールを含んでいます。)

楽しかった思い出がたくさんできた幼稚園と今日で最後だとかみしめているのでしょうかね。
とてもすがすがしい笑顔なチビりんです。

プクりんはばーちゃんとお留守番をしてもらい、
だんなはんと3人で式に出席しました。

園庭からみた教室の飾り

園庭からみた教室の窓の飾り。
お遊戯会の「ながぐつをはいたネコ」がテーマです。

厳かな卒園式

式はとても厳かに進みましたが、お天気もよく気温もあがってきて、
ホール内はかなり暑くなってきました。
卒園児の何人かが体調を崩していたのがかわいそうでした。
最後の最後で・・・

卒園証書を授与しました

園長先生から卒園証書を一人ずつ受け取るのですが、
そのあと園児が幼稚園での思い出などを一言話します。

チビりんは

「小学生になるのが楽しみです。」

でした。

幼稚園が終わることよりも、小学校に行くことの方が楽しみなようです。
(個人面談の時にも担任の先生に言われました。)

卒園児の歌。

「みんなともだち」

とても元気のある曲なんだけど、

「ずーっとともだちぃ、ずっとずっとともだちぃ〜♪」

を連呼するので、もうこちらがグッと来てしまいます。

卒園児、お母さん、先生のそれぞれのパートがある

「よろこびの歌」

は出だしからやばいです。

入園当初からを思い出さずにはいられないような、もう思いっきり泣きなされというような歌詞だし、
卒園児は後ろにいる父母の方を向いて歌うんですもの。
たまりません。

いろんな感情が入り混じりました。
やっぱり一番は「ここまで大きくなってくれてありがとう」ですかね。

卒園式の後は教室で謝恩会です。
もう余韻に浸っている場合ではないですよー。

教室の入り口の窓の飾り

教室の入り口の窓の部分の飾り。
これ、とっても気に入っています。
かわいくできたなぁと。
(先生の名前はモザイク加工したので、ちょっとバランスが変に見えますがご了承ください。)

先生の席札兼お花

先生の席札兼お花。
花びらから1枚1枚切り出して作ったので、これもかなり気に入っています。
(が、実際には私は作成はしなかったわ・・・名前のポップ部分は作りましたが)

1時間半という短い間に食事やゲーム、プレゼントの贈呈や謝辞などがあり、
時間内に収まるか結構ハラハラ。
私はゲームの司会担当だったので、のんびりもできないとちょっと早口になってしまったけれど、
予定時間よりも早く終わったし、結構盛り上がってくれたのでホッとしたわ。
私よりも司会者が全体を考えながらだったので、一番冷や冷やだったのではないでしょうかね。

謝恩会スタート

卒園式はさみしい気持ちもたくさんでてきたけれど、
謝恩会では笑顔がたくさんで幸せという気分になりました。
この教室にこのメンバーでいるのもこれで最後とは思えないね。
また明日にでも謝恩の準備で集まりそうな気分。
なんてゆーのかしら・・・結婚式の準備を長い期間やった分、
結婚式当日がその本番なのかどうか実感できない、夢みているのでは?
というのとちょっと似ていました。

謝恩会の後は園庭でクラス集合写真撮影。

ものっっっっっすごい強風で園庭の砂がバシバシバシッと攻撃してきました。
とてもとても目があけられません。
集合写真はひどい状態で写っていそうでコワイ・・・

昨日の夜、チビりんと一緒に書いたK先生へのお手紙。
今の担任でもなく、年中の時の副担任。
2年間ずーっと好きで、多分チビりんの初恋の人なんだろうな。
その先生にお手紙を渡したら・・・

初恋の先生と

2人で抱き合って泣いてました。
(あっ、泣いていたのは先生の方か)

初めて先生になって、最初に「K先生のこと好き」といったのがチビりんだったみたいで、
思い出深い園児だと言ってくれました。

親の知らないふたりの思い出もたくさんあると思うので、
それは詮索せずにそっとしておこうと思います。
母としてはちょっとジェラシーですが・・・

名残惜しみながらも幼稚園を後にして帰路につきました。

これで「あー、終わったねー」ときれいに終わるかとおもいきや、
帰宅して着替えてすぐに幼稚園に向かう。

なんとまぁ、体操教室があったのです。

最後の体操教室

年長で最後の体操教室。
小学生になっても、続けられるんだけど、
辞めてしまう人も多く。
うちもその一人なんだけれどね。
最後は親も一緒にドッチボールをしました。

担当の先生の指導がとてもよく、
運動オンチのチビりんが縄跳びもできるようになったし、
ボールもまともに投げられるようになったのも体操教室のおかげでした。

そのあとはちょっと教室に顔をだして、
担任の先生に最後のあいさつをしてきました。

ちょうどみんなからもらったサイン帳をみていていたようで。
先生も卒園の余韻に浸っていたようです。
担任の先生がいろいろ話しかけても、

「うん」

とうなずく程度のチビりん。

あれ? 本当にさみしくなってしまったのかな。

「チビりん、またね。さようなら」

と先生と別れて廊下を戻っていくと、目の前にチビりんの好きな先生が通りかかる。


「Kせんせ〜い!!!」


ダーッとかけだして飛びつきそうな勢い。
ほんの少し前までは担任の先生としんみりしていたのに・・・
この変わりよう。

大きな声でK先生の名前を呼んだことでチビりんの担任の先生にも聞こえたようで、
ガラガラとドアを開けて顔をだし、


「な〜にぃぃぃ〜


とツッコミを入れてました。

ええ、チビりんのK先生好きは有名なのです。

なんだかよくわからない終わり方の幼稚園生活でしたが、
これもアリかと。

チビりんは第一子で、何をするにも親として初めてで、
心配事もたくさんありましたが、
この幼稚園の園長先生をはじめ、先生方には本当によくしてもらって、
ここで幼稚園生活を過ごせたことはチビりんも私もとても幸せでした。

プクりんはまだ卒園まであと2年あるけれど、
今日を一区切りとして気持ちを切り替えていきたいなと思います。

☆ 追加のひとこと
卒園てやっぱりさみしいわ。
本当に気持ちを切り替えられるのか!?
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
最後のお母さん弁当@チビりん (年長さん)
最後のお弁当

チビりんへお母さんが作るお弁当は最後の日。

3年間、残さず食べてくれたことの感謝の気持ちをお手紙としてお弁当箱につけておきました。

帰りのバスから降りたチビりんは、

「かーちゃん、お手紙ありがとねー。」

「だいすきー」

ぎゅー♪ (ハグの嵐)

これ、私の予想。



帰りのバスから降りたチビりんはいつもどおりに家に向かいながら、

「今日のおやつはなーに?」

ですって。

これ現実。



「お弁当にお手紙ついていなかった???」

自分から聞くのも恥ずかしいわ。

「あったよ、読んだよ。でも最初、どうやって開くのかわからなかった。」

そこかよっ。

なんだかあっけなくお弁当の日が終わってしまいました。
感傷的になっているのは母だけのようです。
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ドッチボール大会@チビりん (年長さん)
ドッチボール大会開催

一度、雨で延期になったドッチボール大会がやっと開催されました。
3学期はお昼休みも体育指導でもドッチボールに力を入れてました。
ボールを投げるのもままならなかったチビりんもかなり上達しましたね。

暑苦しいわ

とても天気の良い日で日差しも強かったのに、
上下ジャージはうちの子だけです。

あほかっ。

グラウンドに来た時に、「ジャージは脱いでいいんだよ。」と伝えたのに、
脱がないと一点張り。

暑くなって気持ち悪くなるぞ。

まぁ、どこにいるかすぐにわかるからいっか・・・

作戦会議ですかね

クラスで作戦会議ですかね。

みんな上達しました

試合ではチビりんのクラスの男の子は3クラス中3位でした。
それでもとってもがんばっていましたよ。

子どもたちの試合の後はママたちのドッチボール大会。

息子が負けたのならば、がんばるしかないわー。

ボールが当たっても痛くないスポンジが大きくなったようなもので、
軽すぎて逆に投げづらい。
それでも私はかなり真剣にやりましたよ。

子どもが真剣にやっているのならば、親も真剣にやらなければ。

というかドッチボールとはいえスポーツはまじめにしかできない私。
バリバリの部活少女のなごりでしょうかね。

「ゆっこちゃんの目がこわーい」

と後からママ友達に言われたりもしたが、すみません。
私はヘラヘラと球技系はできないし、
黙っていたら目つきは悪いと言われて育ったのでさらに怖さを増させてしまいましたね。
(人のことをどーのこーの言っていたが、自分のマジさを隠すために人にそんなことを言っていたのでは?)


おかげで(?)、うちのクラスが1位になりましたよー。
ママたちはがんばりましたよー。


終わった後に腕が痛くなったので、
私ってば本気になりすぎたかなーなんて思っていたら、
夕方から発熱した。久しぶりだ。
のどの痛みはグラウンドの砂埃かと思っていたが、風邪だったようだ。

今日はチビ&プクでする最後の延長保育。
おかげでお迎えまで少しは体を休めることができました。
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
長男とデート & お泊り会
チビりんとデートね

夕方からチビりんは幼稚園でお泊り会。
昼間はプクりんだけ通常保育。

なのでプクりんがいない昼間、
ずっと行きたかったパンやさんにチビりんとデートしてきました。

原材料にとてもこだわっていて、
「自分が食べたくないものはお客さんには出したくない」というポリシーを持っているお店です。
質問をしても的確に帰ってくるし、安心して子供に食べさせることができます。

クロワッサンを食べるチビりん。

「んまーい!!!」

ものっすごい笑顔がでました。

お店の外にあるウッドデッキで食べているからかさらにおいしく感じます。

いくつかお土産用のパンも購入し仲良く手をつないで帰宅。

プクりんが帰宅し、しばらくしてチビりんを幼稚園へ送っていく。

教室は大興奮

教室にはゴザがひかれていて、子どもたちは大興奮。
ゴザの下にもぐったり、走り回ったり。
(他のクラスもみたが、チビりんのクラスが一番収集つかない状態になってました。)

幼稚園での最後の大きな思い出づくり。
めいいっぱい楽しんできてください。

帰りはプクりんとふたりきり。
来た道ではなく別の道を通って帰り、気持ちを紛らわそうとするが・・・

こちらはガックシ

この表情。
チビりんがいなくてガックシ。
さみしくてしかたがないらしい。

しかし、帰宅して見覚えのないパンを見つけて、
それが母とチビりんとのデートで買ってきたものと知ってからは・・・

「プクりんも年長さんになって、お泊り会の前にはかーちゃんとデートでパンやさんにいくんだー。」

ですって。

こりゃ相当、根に持たれそう。
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
なんだ、この医者
チビりんの前の下の歯がグラグラするというので歯医者を予約。
早く抜きたかったし、だんなはんが帰宅した後にプクりんは置いていきたかったので夜を予約。

いつも通っている歯医者だが、担当の先生が院長ではなく見たことのない先生。

「下に永久歯があるかどうか見るためにもレントゲンを撮ります。」

というので、

「レントゲンは必要ないです。」

と私。

先生「必要ないとは? 理由を教えてください。」

私「必要以上の被ばくは避けたいので。」

先生「・・・・」


しばらく黙る。


多分、レントゲンを断る患者なんてほとんどいないのだろう。

その後、吐き捨てるように

先生「不必要ないわけじゃないけれど、まれに先天的に永久歯がないこともあるので、
その時にいちゃもんとかつけられたら困るんだけどねー」

なんだコイツ。いきなりため口かよ。

先天的な問題なら、今、レントゲンを撮ろうが撮るまいが、生えてこなかったときに考えればいいことであるんでは?
断固としてレントゲンは拒否。別に今は絶対に必要とは思えない。

チビりんの口の中を診て

先生「普通に抜けるから大丈夫。お母さんもいなくていいよね。」

と私を追い出しやがった。

その時に

先生「別にお母さんがいないからといって変なことするわけじゃないし。」

とかいいくさりやがった。

なんだこの医者、ほんとに。

無事に長男の歯は抜けたが、このムカムカ感はなんだ。
後で院長がフォローする感じででてきたが、次回からは絶対にこの医者ではなく、院長を指名する。
つーか、歯医者を変えるかっっっ。

急いでいたとはいえ院長を指名しなかった自分にも腹が立つ。

クールダウンさせるためにも、夜道をチビりんと手をつなぎながら歩いて帰った。

手をつないだ帰り道
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アンバランスなマフラー
アンバランスなマフラー

リリアン編みのようにチビりんが幼稚園でマフラーを作ってきた。
ほっそいのが2本。
これをバラバラにならないようにつなぎ、
さらに両端にポンポンを付けて提出という幼稚園からの指令。
今度の作品展で展示するようです。

まず長さの違うものを合わせるのが大変。
ほどいたり、追加などをして親が手を加えてはいけない。
なので2本を一本につなぎ、
半分に折って2本っぽくする。
そしてねじって、ほどけないようにところどころ別の毛糸で結びつける。

・・・なんで3本つくらなかったんだよー。
3本なら三つ編みすれば簡単だったのにぃ。

そして最後のポンポン。

チビりんが出来上がったマフラーを持ち帰る前に、
友達から借りたポンポンメーカーのようなもので作っておいた。

・・・ポンポンが異様にでかい。
そして重い。

アンバランスなマフラーになってしまった。

2年後はきっとプクりんも作ることでしょう。
その時はもっと太い毛糸にして、ポンポンも小さめに作るようにしよう。

| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
本物だったらいいのにな
掃除をしようとクリスマスツリーの裏側をみてみたら・・・

ツリーにお札が


おもちゃのお札がツリーに飾ってあったよ。

一瞬、ドキッとしてしまった私。

チビりんの仕業だな。

去年もこんなことがあったよなぁ。

2011.12.13 Tuesday クリスマスカラーだったので

この時はプクりんの仕業だったようだが。

そのプクりんさんですが、午後から発熱ぅ。
お遊戯会が終わってほっとしたか?
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
大根掘り@チビりん (年長さん)
大根の葉っぱで見えません

大根の葉っぱの向こう側にチビりんがいるのですが、
見えませんねー。

今日は年長さんの大根掘りです。

「一番、大きいものをとってくるからねー」

宣言してましたよ、うちの息子。

二日前に年少さんのおぼつかない大根掘りをみていたので、
年長さんのは安心して観ていられます。

といっても、すっぽんすっぽんと全員が抜けるわけではないけれど。
チビりんは多少先生に手伝ってもらいながら抜いてました。

ちゃんと抜けたよ

ちゃんと自分で持ち上げて、自分でもっていった袋に入れてましたよ。

ビニールにも自分で入れられたね

去年はここでつまづいていたけれど、成長したものだ。

でもやっぱり重い大根。
最初に男の子が長靴の泥を落とす作業をしたんだけど、
その間も女の子は大根を持って待っている。
年長さんになると泣くのではなく、せかすことせかすこと。

「男の子、早くしてよー」
「重いんだからー」

とブーブー。

すごいな、女子。

教室までたくましい姿のまま大根を運んでましたよ、特に女子ね。
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
クリスマス会@チビりん (年長さん)
ホールでクリスマス会

保育の後にママ達主催のクリスマス会がありました。
今日はチビりんのクラス。
ホールが借りられたので広々使えます。

ツリーに飾り付けをします

クリスマスツリーに各自持ってきたオーナメントを飾って、
集合写真を撮って・・・

歌と体操

歌を歌ったり、体操をしたり。
でも年長さんともなると男子は恥ずかしいのか、
後ろの方でかたまって、歌わなければ踊りもしない子もいる。
だんだんそんな年齢になってきているのね。

女子は「私をみて!!!」とばかりに張り切って踊ります。

まじめなチビりんも女子と混ざって踊ってました。

年少、年中とクリスマス会を経験してきたけれど、
ホールでは初めてでどんなふうになるのかとっても楽しみ。

年中さんの時のクラスごとに分かれて3チームを作り、
ゲーム開始。
敵のママがひもをつけた段ボールを引っ張って走り、
子どもたちが追いかけて、新聞紙のボールを敵の段ボールに入れる。

体を使ってゲーム

走るママも本気です。裸足になってました。
あまりの速さにピンとも合わず。

子どもたちも本気モードなので盛り上がることっっ。

負けた子供の中には悔しくて泣く子もいたりして。

いいねっ、いいよぉ。

チビりんは足も遅いし、反応も鈍いのでおいて行かれてましたが・・・

弟のプクりんも参加はしていたけれど、自分のクラスではないし、
大きい子ばかりなので、おとなしく観察してました。

もうひとつは親子で二人三脚。
興奮してしまって、
まぁ、母の言うことを聞かないチビりん。
うまく走れずに、チームをビリにしてしまいました。

その後はお菓子釣り。

お菓子釣り

牛乳パックをサンタさんにデコレーションして、
中にお菓子を入れてます。
それをS字フックのついた釣り糸で釣ります。

カートマン

やっと笑顔のプクりん。
お菓子もらえてよかったね。

みんな三角帽子をかぶっているんだけど、
プクりんは顔がでかいのか、あごのゴムがのど元ではなく、
あごの肉に埋まっています。

どこかでみたことあるぞ、こういうの・・・


SOUTH PARKのCartmanだっっっ!!!


って、知っている人は少ないかな。マイナーすぎた?

おやつはみんなで「ペコちゃんのほっぺ」を食べました。

ペコちゃんのほっぺ

サンタも登場して・・・

サンタ登場

プクりんはハグしてもらってました。

その後は紙芝居タイム。
先ほどの二人三脚で負けたチームのママが読むことになってしまいました。

す、すみません。うちのせいです。

あっという間に終わってしまったクリスマス会。
ママたちは何度も集まって企画を考えたり、買い出しをしたり、制作したり。
大変だったけれど、終わってしまうとあっけないね。
今回はプクりんの方もあったりと、あまりお手伝いができずに申し訳なかったけれど、
年長さんのママともなると経験者なので、比較的スムーズに進んだような気がします。
お疲れ様でした。

あ、クラスの子全員へのプレゼント。
母たち手作りです。

ほしのマスコット

みんな幼稚園の帽子につけます。
かわいくできました。

| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
焼き芋大会@チビりん (年長さん)
焼き芋たのしみー

さつまいも大好き。
焼き芋大好き。
子どもたちはとっても楽しみにしていたであろう幼稚園での焼き芋大会。

今日の見学はいつもと違っていたかな。

数ベクレルとはいえ、検出されている芋をそのまま食べさせることに非常に抵抗があり、
事前にさつまいもの差し替えをお願いしていた。
それを間違いなくちゃんと息子に渡しているかを確認しておきたかった。

アルミホイルにでっかくチビりんの名前を漢字で書いておいたのだが、
近くにいた女の子がそれを読んだようだ。

「あっ、チビりんの名前が書いてあるよ。それはチビりんのだねっっ」

と叫んでくれて、それを先生が確かにチビりんに渡していたのでほっとした。

他の子もチビりんのさつまいもに名前が書いてあったことにそれほど抵抗もなく受け入れてくれていた。
よかった。

・・・にしてもすごいな。

お友達の名前を漢字で読めてしまう子供たち。
うちの幼稚園は年長さんになると、保育用品や展示物に書かれる名前は漢字なんだけど、
覚えちゃうんだね。

夢中で食ってます

みんな夢中になって食べていた。
よかったねー。
(でも心の中では複雑な気分でした。本当にこれでいいのかなぁと。)

差し替えの件は私だけでなく、ほかにも問い合わせをした人がいたようです。
気にしている人がいるってわかって、さらに行動してくれてうれしかったな。

食べ始めたので、私はそのあと区役所に向かいました。
大事な委員会の傍聴です。

☆ 追加のひとこと
プクりんは月曜日が焼き芋大会であったが、風邪で欠席したのでできなかった。
差し替え分のさつまいもはチビりんに持たせて丁寧に返却してくれた。

前もって幼稚園に預けたさつまいも。
チビりんは1本。プクりんは2本。
担任の先生がウケていた。
| ゆっこ | 子育て(チビ6歳) | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -