クリスマス会@プクりん (年少さん)
プクりんのクリパ

今日は年少さんのプクりんのクラスのクリスマス会。

いろんな流れで、この会の取りまとめをすることになってしまったからさぁ大変。
プクりんのクラスは第一子という子が多く、こういうママ主催のイベントはどんなものかわからない人にまず説明していくのが大変だったかな。 

何度も集まって、壁に飾る制作物やらおかしの詰め合わせやら、全員に配るマスコット制作やら。
結構、決めることがたくさんで神経ピリピリでした。

おまけに当日の司会までやりましたよ。

ちーちーぱっぱな年少さんなので、一か所にまとめるだけでも大変でございます。
なので100均で購入した笛が役立ったわよー。

教室使用だったので、こじんまりとした会になりました。

運動会で踊ったお遊戯の曲を流してみたら、
これが意外とみんな覚えていること。
かわいかったです。

ダンスしまーす

チビりんも参加したけれど、自分のクラスではないと、空気でかんじとることができるようになったようで、おとなしくしてました。

OXゲームやお菓子釣りゲーム。
紙芝居を読んで、お土産を渡して終了。

終わってしまえばあっけないけれど、みんな楽しそうにしていたのでよかったよかった。

プチプレゼント

真ん中のマスコットはりすさんですよー。
通園するときの帽子につけるのが慣例。
青い部分には子供の名前が入っています。
先生にも同じものをプレゼント。

有志であるママが全員分巾着袋も作ってくれました。
(りすの後ろのブルーの袋)

上の子のチビりんにはマスコットがないのがかわいそうだということで、
これまた別のママが有志でリースを作ってくれました。

強制ではないものの、ほぼ全員のママさんが準備に参加してくれて、
とても助かりました。

これで全員、経験者になっただよー。
来年は誰でも取りまとめできるんだよー。
誰か頼むよー。

☆ 追加のひとこと
年少さんからママたちの世代が切り替わっているようです。
年長さんのママはガラ携が多いけれど、
年少さんのママたちはスマホが多い。
写メとかとっても「それLINEで送って!」なんて会話がでできます。
確かに年齢的にも年少さんのママは若いね。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
気合で参加。夕涼み会@チビりん (年中さん)
チビりんは数日前から喉とお腹の痛みを訴えていたが、
昨日、とうとう発熱。
夜にはぐったりしてきたので、小児科へ。

ヘルパンギーナと診断される。

先生からは

「一日で熱が下がる子もいるし、数日かかる子もいるし。
でも登園制限がある病気ではないよ。」

といわれる。

今日になっても熱は下がらず。
しかし、チビりんは「なんとしても夕涼み会にいく」といってきかない。
この夕涼み会は年中さんだけの行事なので、
今年を逃してしまうと、もう二度と参加できないのである。
この日のために踊りもたくさん練習していたし。

母としても連れて行きたいよ。

年中さんだけの行事ということで、
気合が入っているのはチビりんだけでなく私も。
浴衣用のヘアセットの美容院も予約していた。

でもチビりんがどうなるかわからないので、
キャンセルした。

ばーちゃんはプクりんの子守役として来てもらう。

チビりんは時間まで寝ている。

どーなる? どーなる?

まだ38度を超える熱があったが、本人行く気。

よっしゃ、そこまで気合があるのなら、行きましょう。

嗚呼、美容院はキャンセルしてしまったので、
自分でやらなければ。
あれやこれややっていたら、
なんとか夜会巻きみたいなのができた。
これでよし。

ばーちゃーん。着付けしてぇ。

私とチビりんは浴衣を着て、
だんなはんとプクりんは甚平。

夕涼み会参加だよ

がんばっていきましょう。

お友達と。夏だね

いつもと違う雰囲気の幼稚園とお友達に会えて、
すこしだけチビりんの顔も緩む。
一番最初に集合写真があったので、
もし無理そうならそれだけで帰ろうと決めていた。

しかし、チビりんの根性はすごいわ。
その後もしっかり参加してました。
出店も用意してあって、ヨーヨー釣りやおめんやさん。輪投げなどがあった。

ヨーヨー釣りだ

オレンジを指定して、しっかりオレンジをゲット。

おめんはプクりんが

おめんは先生手作りのスティッチ。
他にも男の子はミッキー、ドナルドがあったよ。
女の子はミニーにデイジー、あとひとつはなんだったかな?
それにしてもすごく上手。幼稚園の先生はすごいです。

「きのこ音頭」おどります

やぐらを囲んで盆踊り。
幼稚園の音頭ともうひとつは「きのこ音頭」を踊りました。
この「きのこ音頭」はあの「きのこっのこぉ〜のこ元気の子♪」というきのこやさんのHOKUTOのあの歌です。
もちろん歌詞の中には「HOKUTO」はないバージョンですが。
かわいいんだ、踊りが。

踊りにも参加できないプクりんは飽きてしまうと思ったので、
ばーちゃんと先に帰ってもらったが、
「イヤー、かえらなーい」とぐずっていたようだ。

他にもパネルシアターや花火と盛りだくさんでした。
途中で少し辛くなったチビりんは座って休んだりしていたけれど、
だんだんと楽しくなってきたら、元気になったようだ。

病は気からだね。

最後はおみやげをもらって、ちょうちんに灯をともして帰りました。

ちょうちんに火をともします

一枚も笑顔の写真はなかったけれど、
本人は大満足な夕涼み会になったようです。

☆追加のひとこと
比較的涼しい夜だったので、すごしやすかったわ。
下駄で足がすれた。痛い。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
やる気がないなら辞めさせる
脅しが効いた

年中さんになってから幼稚園の体操教室に通っています。

体操といっても、基本的な運動をする、先生の話を聞く姿勢を作るというかんじで、
そんなに堅苦しいものではありません。

なのでチビりんも毎週体操教室の時間は楽しみにしている。

しかしドンくさいチビりん。

先生が作ったアジリティーのようなものも、
列の後ろの方にいたはずのチビりんはトロいので、
いつの間にか先頭になっていたり。

まぁ、それはしょうがないのでよしとしよう。

腕の力がないチビりんはホールの舞台に登るのに、
踏み台があれば迷わずそれを使うし、
なければ誰かが手伝ってくれるのを待っていたりする。

自力でなんとかしようとする気持ちがまったくなーい。

やさしいお友達も多いから、
チビりんのことを助けてあげちゃうのよね。

いかん。

このままではいかん。

ということで、チビりんには宣告しました。


「自分でやろうとしないのであれば、
誰かに助けてもらおうとおもっているのであれば、
体操教室は辞めさせます。」

ガピーン・・・

「いーやーだぁ」

半べそなチビりん。

悔しかったら、今度の体操教室で証明してみろっっ。

鬼の監督のような気持ちで見学。

チビりんは私がいることを気にしながら、
できるかぎり自分でやろうとしていたし、
その気持ちもちゃんと伝わってきた。

本気で体操をやりたいんだなぁ。

よしよし、これからもその調子でがんばってくれ。

☆ 追加のひとこと
体操教室でのチビりんの動きは非常に幼い。
かわいいんだけど、ちょっと心配でもある。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
父親参観@チビりん (年中さん)
ミックスジュースのバナナ

楽しみにしていた父親参観。

「お名前を呼ばれたら、ちゃんととーちゃんもお返事するんだよ。」

と教えていたチビりん。
ちょっと頼もしい。

教室には園児の父親ももしくは母親ひとりしか入れないので、
私は外から撮影。

でも日差しが教室の窓に反射するし、声も聞こえないので、
なんの意味もなし。

そーっとカメラをだんなはんに渡してしまった。

今回はプクりんはばーちゃんに子守を頼んでいるので、身軽だし。

なんか・・・ヒマだな。

他のママ友と

「お茶でもいく? いっちゃうかぁ〜」

と冗談をいってました。

年中さんの父親参観では製作時間があったので、
年少さんの時よりもハードさはないのかな・・・

と思っていたけれど、
やっぱり父親主体。

たかいたかーい

よくわからんが、体操で高い高いをしてました。

お母さんが参加していた人は大変だったろうなぁ。

狭い教室なので、男の子と女の子に別れて活動することがあって、
入り口の近くで待機している時にパチリ。

楽しそうな親子

楽しそうです。

☆ 追加のひとこと
来年はプクりんも入園して重なる。
私がプクりん担当になるとしても・・・
あのオデブちゃんを高い高いはできない・・・無理っっ。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 22:35 | comments(2) | trackbacks(0) | -
父の日のプレゼント@チビりん (年中さん)
父の日のプレゼント

幼稚園で作ってきた父の日のプレゼント。
携帯ケースです。

ケースの部分には

「おとうさん

いつもおしごと

してくれて

ありがとう」

と書いてあります。

どうやら自分でその文章を考えて、
先生が書いてくれたようです。

だんなはんはもうめがねはしていないんだけどなぁ・・・

どこのとーちゃんを描いたのでしょうか???

でもなかなか味のある顔が描けてます。

去年の似顔絵よりもぐぐっと上手になってました。

☆ 追加のひとこと
作り方を一から説明してくれるチビりん。
言われたとおりにやればできそうなくらい、
上手に説明できるようになってきました。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
保育参観@チビりん (年中さん)
お当番さん

年中さんになって初めての保育参観。
なんとラッキーなことにチビりんは今日は『お当番さん』でした。(日直みたいなもの)

みんなの前にでで、回収したお手紙やお休みの人数を事務所に報告しにいきます。

ちょっと緊張気味のチビりん。
でもしっかりと役目を果たしてました。

今日は自分の顔を描いたペープサートという紙人形を作りました。

まずは顔の部分をはさみで切って・・・

はさみを使うのは真剣です

はさみの使い方も上手になりました。
もうそんなにあぶなっかしいこともなくなったね。

その後は、切り取った顔の部分に自分の顔を想像しながら描いてました。

体の部分の画用紙にはちぎった紙や丸めた紙を自由に貼り付け。

こまかっっ

オレンジのおりがみ。細かくちぎりすぎっっ。
ちまちまと貼り付けてました。

顔と体、手足をつけて、
裏に割り箸をセロテープでつけて完成!!!

完成!!! ペープサート

向かって左のほっぺの赤い模様はちょうちょなんだそうです。
ほっぺに蝶が止まっていたんだって。かわいい。

まるめた紙はおっぱいのようでしたが、違いますよぉ。
その紙も見た目は1色だけど、
実は黄色の中は青→黄色→青→黄色と繰り返して重ねて丸めてました。
(ひとり一枚という説明は無視。)
緑の方も緑→赤→緑→赤と重ねてました。
ちり紙というのかね? はながみというのかね? 薄い髪なので透けてます。
チビりんなりに何かを考えて重ねたようです。

最後に親子で発表して終了。

全体的に落ち着いた感じで保育参観が進み、
時間通りに終了したので、「さすが、年中さん」と思っていたら、
他のクラスはかなりすごい状態だったようです。


えーっと・・・

今日はチビりんはお当番さんだったといいました。

お当番さんは一日中エプロンをつけてます。
(保育参観の時はエプロンの上にさらにスモックを着ている状態)

年中さんになってエプロンのサイズが一気におおきくなり、
チビりんのひざよりも下にエプロンの下がきている。

「あー、動きづらそうだな」

とは思っていたんだよね。


そして帰りのバスから降りてきたチビりんはズボンが変わっていた。
どうやらトイレの時にエプロンもありーの、スモックもありーのであわてていたのか、
パニックになったのか、ちょっと汚してしまったようだ。

洗濯してくれたズボンの入っていた袋には先生からのお手紙がついてました。




ちっかけた



『おしっこをちっかけてしまったので洗いました。』


やっぱり天然っぽいうちの担任。


☆ 追加のひとこと
プクりんはサポーターさんに預けた。
幼稚園のプレなどで慣れたのか、
預けてももう泣かなくなった。
むしろ『バイバーイ♪』とかいって帰される母・・・
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
母の日のプレゼント@チビりん (年中さん)
母の日のプレゼント(年中さん)

年中さんの母の日のプレゼント。
フォトスタンド。

私の顔はこんななのか?

でも

「かーちゃんのことを考えて作ったの」

と言ってくれたチビりんがとってもかわいかったです。

「早く、早く、中に写真を入れてね。」

とチビりんにせかされ、急いで探した写真がコレ。

やっぱりかわいい息子たちを入れるっきゃないでしょう。

しかし・・・プクりんの顔・・・デカっ。

☆ 追加のひとこと
写真だと、どっちが兄かわからんねぇ。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
とうとぉ〜、もうっ♪
カップでちらし寿司

こどもの日の夕食はちらし寿司にしました。
子供用には小さなガラスのカップに入れてみた。
いくら好きな息子たち。
くらいついてました。

柏餅も食べたし、
昼間に買った菖蒲をお風呂に入れたし。

のんびりしたこどもの日となりました。

寝かしつけの時にチビりんが

「かーちゃんと結婚したかったけれど、
もうとーちゃんと結婚しているからダメなんだよね・・・」

と話し始めた。


キター!!!!


母と結婚する宣言。


とうとうそんなことを言う年になったのね。

友達の子供も小さい時に「ママと結婚するっっ」という話をしていたのを聞いていて、
私もいつか言われたいなーと思っていたのよね。
というかちょっと夢見ていたかな。

実際にはあまりにも突然に言われたので、

「ふぅん、そっかぁ。」

と流してしまいそうになったが、
ちょっとまてよ、
チビりんてば、すっごいことを言っているじゃんと2度見するかんじになったね。

だが、チビりんはかーちゃんはすでにとーちゃんと結婚しているという事実を把握。
重婚は無理というのもわかっている。
が、親子で結婚してはいけないということはわかっていない。

リアルに説明するのもなんだかまだ忍びない。
でもウソはいけない気もするし・・・

なのでチビりんには

「かーちゃんはもう結婚しちゃっているけれど、
今度生まれ変わったら絶対に結婚しようね。」

と歯が浮くようなセリフを言ってしまいました。

納得いっていないような顔をしていたけれど、
いつかは結婚できると理解したようでほっとしたようだ。

息子って本当に小さな恋人みたいだね。

☆ 追加のひとこと
GWなんてあっという間だね。もう終わっちまう。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
親子遠足@チビりん (年中さん)
バスにて

春の親子遠足です。
昨夜は雨が降っていたけれど、今朝には止んでいた。
しかし行き先が公園なので、
芝生とか濡れていたら行ってもなー。
雨だったら水族館だった。

どっちなんだろー。

と思っていたら、幼稚園から「お天気が回復してきたので、公園にいきまーす。」とメール。

あれよあれよといううちにお天気がよくなる。

いいねぇ、これならすぐに芝生も乾きそうだ。

昨日からうちの母に来てもらい、
プクりんはばーちゃんとお留守番。
朝からチビりん、プクりん、だんなはん、ばーちゃん、私の分のお弁当を作る。
ギリギリになりながらもなんとか間に合う。

観光バスには時間通りに行けて、
チビりんもテンションあがってまいりましたぁ。

今日の行き先はバスで30分ほどの公園。
近い。
結構みんなはプライベートでも行っているようだが、
私やチビりんは初めての場所。

へぇ、いいやん。

お花がきれいじゃん。

芝生もひろいじゃん。

集合写真を撮った後、芝生にクラスごとに円になって座り、
ゲームをして、お弁当を食べます。

芝生でランチ


その後は自由行動。

ここの公園にはおっきな展望滑り台というのがあるようで、
行ってみることに。

長い滑り台

すっ、すげー。

なんだアレ。

滑り台に登ります


半そでの子は腕にサポーターを巻いてくれます。
どんな状態になるの???


ようはプールのウォータースライダーみたいなかんじ。
水はないので、ナイロンのパットみたいなのに座ります。
6歳未満は親と一緒に滑らないといけないので、
私も一緒に滑ります。

いやー、すんごい速い。
思ったよりも速くて正直びびった。
そして子供にサポーターを巻く意味がわかったよ。
私はアンクルカットの靴下だったんだけど、
カーブを曲がるときに滑り台にくるぶしがチュインッとあたって、
ものっすごく熱かった!!!

危険です。

きをつけましょう。

すべり終わった後にチビりんは怖がってもういいって言うかなぁと思ったら、

「もーいっかい!!! もーいっかい!!!」

と楽しそう。

はいはい。

ではおかわりしますよ。

連続で滑っても、さらにおかわりを催促。
その頃には大勢の小学生が並び始めたので、
別のところに移動してみた。

楽しそうにしている息子をみると、
こっちも楽しくなります。

こんなものに無理やり乗せてしまった。

リアルなライオン

やけにリアルなライオンです。
たまに「ガオー」とリアルな声でほえます。

その後はおっきな遊具のところで遊ばせて、
親は日陰のベンチで休憩。

もー、あついっつーの。

ジリジリよ、ジリジリ。

しかし、私がいる場所を明確にチビりんに教えていなかったので、
ちょっと心配に。
だってこの暑さで水分を取り忘れて遊んでいる!!!

遊具のところにいったが、
ものっすごい児童の数。
他の幼稚園児もいるし、誰が誰だか。
カラー帽子もチビりんは薄いピンクだから目立たないし。
探すのに一苦労。

しばらく探していたが、本当に見つからずかなりあせってきた。

いやいや。

ここには絶対に行かないだろう。

まさかねぇ。

と探していなかった高台からの滑り台からチビりんが滑ってきた。

あのチキンなチビりんがこんなのも出来るようになったんだぁ。
とびっくりしただよ。

チビりんも発見できたので、ほっと一安心。
一旦、ベンチまで連れて行き水分を取らせた。
ら、もーすぐに戻ると。

ああ、行っておいで。

今度は母のいる場所がわかったからか、
ちょこちょこ戻ってきては水分を飲んでいた。

このくらいの歳の子は遊びに夢中でも、
ふと我に返って母を捜すことがあるので、
母の場所は明確にしておかなきゃいけないねぇ。

そろそろ時間になってきたので、
集合場所に移動。

あんだけ遊んでもまだ元気があるんだねぇ。
走っていってしまうし。
もう、かーちゃんはおいつけましぇん・・・

年中さんになってまだ1ヶ月ほど。
自由時間といわれても、新しいクラスのメンバーで遊ぶというよりも、
結局は年少さんの時のメンバーで遊んでいたかな。
だって母たちの知り合いが前のクラスしかわからないんだもの。
新しいクラスで仲良くなるには、まだまだ回数が必要だね。

チビりんと2人で参加する遠足はもうこれで最後だと思うとちょっと寂しくなった。
そして来年は母ひとりに対して年長さんのチビりんと年少さんのプクりんを連れて行くわけだ。
手のあまりかからないチビりんと2人でもこんなにぐったりなのに、
プクりんが増える来年の遠足はものっすごく恐ろしい。
雨だったら、恐怖マックスです。

☆ 追加のひとこと
場所が近かったから、あっという間の遠足だったわ。
来年も同じ場所でいいくらいなんだけどもよー。
| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ひとりしりとり

先日、チビりんが

「ひとりしりとりするよ〜!!!」

と誰かを誘うように断言していたが、
遊びの名前に「ひとり」とついてるのだから、
そのままほっといた。

「よーし、それじゃぁ・・・」


「『あ』からだね。」


「あ」


「あ」


「あ」









「あんぱん!!!」









終了。カンカンカーン♪





自分が何を言って、
どうなったのか一拍ほど時間があったが、
事の次第を理解したのか、
ちょっとばつの悪そうな顔をしてました。

頼むよ、年中さん。




今週はもう2回も幼稚園でトイレを失敗している。
先生に「トイレに行きたい」と一言いえないのもあるようだが、
新学期の環境の変化や母からのお小言シャワーに精神的に不安定になったのもあるのだろう。
おとといは夜泣きもしていた。

はいはい、私ですよね。
わかってますよ、頭では。
でもねぇ、ドンくさいところや、
幼稚園から帰ってきてからの「かーちゃん、かーちゃん」攻撃に本当にイラつくのです。
受け止めなきゃと思いつつも、時間に追われていると冷たくあしらってしまうのです。
子育てに向いてないのでは? とも思ってしまったりねぇ。

多少は兄弟で遊べるようになったのが救いですかね。

☆ 追加のひとこと
余震があるので、震災後からはだんなはんが帰宅してからたいていお風呂に入れている。
入浴中に大きなのが来て、みんなすっぽんぽんだったらちと怖いので。
だから最近、寝る時間がずれ込んでいる。
それも私のイライラのひとつでもあったりして。

| ゆっこ | 子育て(チビ4歳) | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -