チン問題@プクりん

とうとう次男もオティンテイン関係で病院に行くことになってしもた。

チビりんも2歳前にムキムキしに病院に通ったなぁ。
そのときの日記はこちら↓
2008.04.08 Tuesday チン問題

プクりんの場合は剥けていないというよりも、
ティンティンの先っちょが腫れているようだし、
皮の下になにやら白いやつがいる。
アカか?
休日にだんなはんがお風呂に入れたときに、
半分くらいその白いやつがにょろ〜っとでてきた。
でもまだ残っていたので、病院に行くことにした。

月曜日の午前中ということで、かなり混んでいた。
ソファも全部埋まっている。

一時間くらいはかかるというので、
近くの公園で時間をつぶすことにした。

いまのうちだぜ


これから何が起こるか予想もしていない幸せな頃のプクりん。

おいしくお茶なんて飲んでます。


40分ほど遊んで、再び病院へ。

するとすぐに呼ばれた。


お久しぶりです、先生。



先生「今日はどうしたのかな?」

私「なにやら白いものがたまっているようで・・・」

先生「こんなやつ? こんなかな?」


とまたもや症例写真をバンバンみせてきた。
(写真関係の話は前回のチビりんの時の日記をみてくだされ。)

今回はプクりん位の子のティンティンばかりだが、
みんな、みんな・・・痛そうなのばかり。


写真はいいから、プクりんの実物をみて診察してくれ〜。

ベッドに横にして、ティンティンを出す。

プクりんは先生の腕なんてさわっちゃって、
うふふーんてなかんじ。

先生「あー、これねぇ。アカというか、詳しくいうとアカではないんだけどねぇ。
まずは取っちゃおうね。」

看護師さんが足、私が腕を押さえる。

まず先生はプクりんのティンティンの写真を撮る。

そしてパフェを食べるときのスプーンのようなもので、
プクりんのティンティンの先っちょを・・・


絶叫するプクりん。


それから「イタイ、イタイ」と体をよじる。


しかし先生は血だらけのプクりんの写真を撮る。


もう、母ダメです・・・


力が抜けてしまうよー。


でもプクりん本人はオムツをはくとケロッとして泣き止む。


先生「今日はおしっこするたびにしみて泣くと思うよー。また週末にでも来てね。」


とりあえず治療はすんだ。
ほっ。


診察室からでると、
待合室にいたおじちゃん、おばちゃんがプクりんに同情の目を向けている。

何も言わないが

「がんばったね。」

「いたかったよね。」

と伝えているようだ。

「うんうん」

とプクりんをみてうなづいている人もいた。


そーか、診察室からのプクりんの絶叫が聞こえていたんだね・・・


薬をもらって、家に帰る。


寝てしまったわい


公園で遊んだし、
痛い思いもしたしで疲れたことでしょう。

寝てました。

おティンティンを押さえながら・・・







今日はこれからが大変でしたよ。


まず午後のチビりんのお迎え。
ベビーカーに乗せたんだが、
ベルトがティンティンにあたるようで、
ギャン泣き。
なんとか這い出ようとしてました。

無理っ。


少しの辛抱だ。


しばらくおしっこしていなかったんだろうね。
夕方くらいにいきなり


「ギャー!!!!」



「アヅイ、アヅイ!!!」



とティンティンを手で押さえようとしながら、
泣き叫んでました。


ああ、とうとうおしっこしたんだね。


それから普通に遊んでいても、
いきなり


「ギャー!!!!」



「アヅイ、アヅイ!!!」




が始まる。

チビりんには

「今日、プクりんはチンチンをむきむきしたから痛いの。」

と教えていた。
なのでプクりんが泣くたびに、

「プクりん、チンチン痛いんだって。」

と代弁してくれていたが、
あまりにも何回もプクりんも泣くので、
最後のほうはプクりんが泣くたびに、
チビりんも自分のチンチンを押さえていた。

辛さ、わかるんだね・・・


お風呂でもしみると泣いていた。
しばらくは突然泣くことが続くんだろう。
チビりんの時もそうだったな・・・

がんばれ、プクりん!!!

★ 追加の一言
泣くことでプクりんのおしっこの間隔がわかって、
母としてはちょっとお勉強になりました。
でも最後のほうは痛くてできなかったようだが・・・

| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
そろそろ赤ちゃんも卒業!?
そろそろ赤ちゃんも終わり!?

つながっている洋服。
カバーオールっちゅうの?
これも今年までかなぁ。
来年は着れないのかなぁ。
好きだったんだけどなぁ。
チビりんの時も夏には着せていた。
(もちろんプクりんが着ているのはおさがり。)
なんだか寂しくなるわぁ。


下の子は赤ちゃんぽくかんじていて、
来年にはプレなんて考えられないけれど、
どんどん成長はしているんだよね。

やることも突拍子もなかったりして、

やんちゃっちゃ


いきなり布巾をかぶって、
おもちゃをぶんぶん振り回してました。

理由がわからない。

でも本人は楽しそうだからヨシとするか。



チビりんとケンカになるとプクりんも負けてません。
やられたら、やりかえしにいきます。
その時の表情がすごいです。
純粋に「怒ったぞ。」「コノヤロー」ってな顔です。
計算も何も無い顔。
心のままにってかんじ。
その一生懸命な表情に
「ああ、成長してるんだなぁ。でもまだピュアなんだなぁ。」
と感じています。
日に日にケンカも激しくなっているのもちと心配ですけれどね。


最近の口癖

「いななーい、いななーい。」
(いらない、いらない。)

何かを拒否するときによく使われます。


オマケ

ぶちゃいくプクりん

ぶちゃいくな顔にするとよろこびます。

Mか?


オマケのオマケ

おまけのチビりん


楽しそうでなによりです。


★ 追加のひとこと
幼稚園の防災訓練で、保護者が引き取りにいきました。
あまりにも暑くって、他のお母さんたちに会っても、
挨拶する声が大きくなること、なること・・・
暑くてたまらなかったわー。
| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 21:51 | comments(2) | trackbacks(0) | -
記憶にございません

昨夜の出来事でございます。


夜中の1時半頃。

隣で寝ていたプクりんをさわったら、お尻まわりがぐっしょり。


えー???


オムツが漏れるほど、おしっこしたの???


このままでは風邪をひいてしまうわ。


と、パジャマのズボンを脱がして下着になったところで我が目を疑う。






オムツはいていないし。






寝ぼけている自分の頭を一生懸命働かそうとするが、
なぜそうなったのかは思い出せない。


自分で脱いだのか???


んなわけない。



「プクりんがオムツはいていないんだけど」


と寝ていただんなはんに知らせる。


「えー? なんでぇ???」


原因を解明するよりも、とりあえずは着替えが先。


プクりんを仰向けにして下半身を見ると、
下着の間からオティンティンがちょこんとでていた。


爆笑


そっこー、だんなはんに見せる。


爆笑



一気に和やかなムードになりましたよ。

プクりんのきていた下着は前開きのホックタイプで、
さらに股下でホックで留めるタイプ。
その調度ホックとホックの間からヤツが出ていたわけさ。


笑いをこらえながらも、
着替えさせる。
ぬれた布団カバーのところにはタオルを敷く。


ひと段落終わった後に、再びどうしてこうなったのか思い出す。


プクりんがお風呂に入った後に、うんちょすくんをした。
下半身だけ裸で、下着は股下のホックを肩の上で留めて、
そのまままたお風呂場に連れて行き、
だんなはんにお尻を洗ってもらった。

この前の土曜日からうんちょすくんはトイレでするようにしはじめた。
今のところ成功していて、
今回もトイレでした。
私がトイレの後処理をした。

で、洗い終わったプクりんを私がお風呂場に迎えに行った・・・らしい。

ここから私の記憶があいまい。

記憶をどーやってたどっても、
まーったく思いだせない。


「えー? あたしぃ???」


とだんなはんがやったんだろう的な風に言ってみるが、
流れからすれば私がプクりんのその後を担当しているようだ。


だからたぶん、そのまま肩にかけていた下着のホックをはずし、
股でとめて、パジャマをズボンをはかせたんだろう。


どーりで寝つき悪かった。


寝てもすぐに泣いたりしていた。


「股がスースーするんじゃー」ってことだったのかなぁ。


旅行の後の大量の洗濯やら、片付けやら、
バッタバッタしていた私。相当疲れていたんだろう。

うっかりどころか、どーんと穴にはまったようだな。

幸いなことに、プクりんは風邪をひきませんでした。
よかった、よかった。

ほんと、プクりん、ごめんよ。
至らない母ですまないねぇ・・・

再び、布団に横になったところで、
だんなはんがケラケラと思い出し笑い。

確かに、あれにはウケた。
忘れられないな。

★ 追加の一言
昨日、帰宅後皮膚科へ
プクりんのあせもがひどくてねぇ。
たぶん、あみ臭の原因はあせもからきていたんだろう。

| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0) | -
あみさんの陰謀!?
出してぇぇ


週末はだんなはんに子供たちをお風呂に入れてもらっているんだけど、
最近、お風呂嫌いになって、
さらにすっかり忘れられたとーちゃんに入れられるので、
プクりんはギャン泣きです。


「が〜ぢゃ〜ん゛」


と、泣きながらドアをあけようともがいています。



で、お風呂からあがれば・・・


ほっとして、笑顔っす



「かーちゃん(うふっ)」



としてしまうプクりんです。


チビりんとプクりんは同じベビーシャンプーを使っているのだけど、
プクりんはお風呂から上がったばかりでも、
頭のにほいが・・・


あみさんと同じ


なのです。


犬くさい。

プクりんがデヴだから?

それともあみさんの陰謀?

あたちを忘れるなと警告?

わすれるわけないじゃん。

あみさんのにほい。
どっぷりわんこのにほいだけど、、大好きだった。

プクりんも同じにほいがする。

人間なのに、それってどーよって感じだけど、
あみさんを近くに感じれるのがうれしかったりして。

くさいけれど、うれしい。


・・・くさい、くさいというのも・・・

でも

私にはとてもいいにほいです。
落ち着きます。

★ 追加の一言

週末はあっという間だねぇ。
| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
元気です、プクりん。

あげられるだけ、あげますわー

最近、影が薄いプクりん。

元気ですよー。

もうすぐ1歳10ヶ月になります。
前に比べたら、すこーし、本当にすこーしだけよだれの量が減ってきたかなぁ。

相変わらず、スタイの上にタオルをはさんでだけど。
それでもタオルを換える頻度が少なくなったかも。

写真はお風呂上りのプクりん。

オムツを上にあげられるだけあげてみた。

こんなにおなかが隠れるほど、オムツってひろがるんだねー。

おなかがぽっこりでているプクりんには、
オムツがおなかの下で縮こまってしまうので、
どうしてもビキニタイプになってしまうのよね。

プクりんの言葉はだいぶ増えました。

「(靴を)はくー」
「(外に)いくー」
「(ドアが)閉まっちゃった」
「(ものが)落ちちゃった」

などなどねー。

ちゃんと現在形と過去形を使い分けているようだ。

よく言うのが

「アンパンマンみるぅぅ〜?」

とDVDを見せろと催促言葉ですね。

今日は「ドキンちゃん」とも言ってました。
(クリアにはまだいえないけれどね)

なんでしょーねー。
2人目だと新鮮さはなく、
淡々と次男の成長をみている私。

明らかにチビりんの時よりも、
プクりんのブログの記事が少ない。

かわいそーにー。

愛情に差はないのよぉ。

★ 追加の一言
チビりんとのけんか。
最近、負けずに向かっていってます。
次男のほうが激しいわー。

| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第二次発熱発動
スーパーゴールドかまめしどん

ラムネ付のアンパンマンシリーズの指人形。
今回は「スーパーゴールドかまめしどん」が発売されていたが、
なっかなか売っていなかったのよ。

やっと、手に入れられました。

最近、チビりんは前ほどアンパンマンにお熱ではないので、
もうこんなおもちゃは買わなくてもいいんだが、

私がっっ、


私がっっっ、


スーパーゴールドかまめしどんが好きなのよ。


なので必死でした。



チビりんが遊ばなくなっても、
次にプクりんが控えているのでいいんです。



そのプクりん。


先週の木曜日あたりから発熱が続いていました。
土曜日の実家に戻った時は、なんとか発熱せずに大丈夫だったんだけど、
その土曜日の夜、実家が寒かったのか、日曜日の夜から再び発熱。

今度は咳、鼻水ではじめました。


朝一で病院へ。


気管支炎でしょうね・・・たぶん。
でもまだりんご病の可能性もあるし。

もー、このあっちい季節に風邪とかきついよねぇ。


でもね、
例の体質改善の漢方のおかげなのか、
なんかゼロゼロ、ヒューヒューいいそうなんだけど、
その一歩手前で止まっているかんじはあるんだよね。

前ほどひどくないかなぁ。

ありがたい。

それに漢方の先生にも


「東洋医学も西洋医学も平行して使っていいのよ。」


ようは



「漢方だけじゃくて、ひどくなったら小児科で薬をもらってもいいんだからね。」


とおっしゃってくれました。

なんとしても漢方だけでやりんしゃいっっっじゃないから、
母としても少しは気が楽です。


あとは早くよくなってください。


そうしないと・・・


貴重な母のお約束などがパーになることが多いのよぉぉ。


★ 追加の一言
今日もランチのお約束がパー・・・
ちっ、くそ。
| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ぷーぱんっっ
評価:
タカラトミー
¥ 7,980
(2007-07-06)
コメント:息子の一歳のお誕生日プレゼントに購入。今では次男も一緒にお休み前に見ています。自然と眠りに落ちていくのでとてもよいですが、母の私も一緒に寝てしまう確率90%。

チビりんが1才のお誕生日に買ったディズニーのモニター。

しばらく使っていなかったんだけど、
最近、再び出してみた。

プクりんにとってははじめてのもので、
天井にディズニーのキャラクターがゆっくりと動きながらでてくるので、
楽しそうです。

一生懸命、でてくるキャラクターの名前を言っていくんだけど、
どーしてもプーさんが


ぷーぱんっっ。


になってしまいます。


私 「プーさん」


プクりん 「ぷーぱん」
(プーさんていってるでしょ? 的な言い方。)




私 「プーさん」


プクりん 「ぷーぱんっ」
(だから、プーさんっていってるでしょーが。)





私 「プーさん」


プクりん 「ぷーぱんっっっっっ」
(何度もいわすなっっ。プーさんといってるじゃないかー。)



その一生懸命な言い方がおもしろく、
何度も言わせてしまうが、
本人は「プーさん」と言っているようで。

なので毎晩、天井にプーさんがでてくると、
ぷーぱんを聞きたいがために、
なんどもプクりんに
「あれはプーさんだよねっ」
と聞いてしまうのよね。

★ 追加の一言
どんどん言葉が増えてきたプクりん。
「アンパンマン」もかなり流暢に言えるようになりました。
そして我が家は第二次アンパンマンブームに突入です。

| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 15:17 | comments(2) | trackbacks(0) | -
一歳半検診

保健センターで行われる一歳半検診に行ってまいりました。
今回はチビりんも連れて。

激寒で雨まで降っているにも関わらず、
センターの中はちびっこのエネルギーで暖房いらず。

逆に暑いです。

13時からの受付だったけれど、
10分ほど遅れてしまった。
(チビりんの幼稚園の後だったから、バタバタしてしまった)。

番号札54番。

ああ、どうなることでしょう。

バギーに乗せたままでは待つことはできないのがキツイ。



一歳半検診といっても、
内科は各自病院で受診するので、
今回のメインは歯科検診。

これがえらい時間がかかる。

ちゃっちゃか診てくれてはいても、
時間がかかる。

プクりんは抱っこはいやがり、
歩きたいと愚図る。

放牧。

チビりん、プクりんの暴走が気になって気になってしょうがない。
(きっちり君ですから)


チビりんが赤ちゃんの時によく預けていた託児所の先生に遭遇。
先生も自分の娘ちゃんの検診でした。

あれ?

またお腹が大きい。

どうやら3人目。

夏辺りに出産予定。

先生 「チビりんはいいこだから、連れてこれるよねぇ。
     うちはおいてきちゃったぁ。」

なんて先生に言われた。


ゆっこ 「うちも預けたいくらいですよ。プクりんを。」


先生 「受ける本人じゃないの。はははは。」


てなくらいにプクりんのあちこち徘徊にはイライラいたします。


どうやって時間をつぶしたのか思い出せないけれど、
なんとか歯科検診、はみがきの仕方のお話を終了。

虫歯はまだなかったし、
歯磨きの仕方も問題なし。
ただ前歯の上のひだが下まである状態なので、
歯磨きの時に気をつけてね。
と言われました。


その後は保健士さんと生活についてなどのお話。
ここでたくさん質問などすると、
どんどこ時間がかかるので、
適当にスルーしていた・・・つもり。


前回のチビりんの時の3歳児検診でも言われたんだが、
私が妊婦の時に尿糖がでていたこともあり、
簡易検査を受ける?
といわれたので、今回も受けてみた。

すぐに数字がでて、
今回も問題なし。

ほっ。

そんなにがっつり話したつもりはないんだけど、
もうその時点では他に待っている人はおらず。

時計をみたら、15時半すぎ。

げーっ、2時間半もかってる。

ぐったりです。


最後に事務所によって、
駐車場の1時間無料券をもらいにいく。

プクりんはバギーに乗せた途端、
一点見つめ。

寝るのも時間の問題でしょう。

チビりんはまだまだ元気。

待っている間にチビりんお話しはじめる。


そして恐れていたことが・・・・











「チビりんは3歳。 








プクりんは1歳。









かーちゃんは18歳!!!」





やめて〜


そんなこと公共の場で言わないで〜


事務所のおばちゃんも苦笑いしてましたよ。


「言わないで〜、チビりん。」


といっても、


「かーちゃんは18歳」


を連呼してました。


嫌がらせか?



自宅でチビりんにかーちゃんはいくつなの?と聞かれることが多く、
適当に


かーちゃんは18歳だよ。


と言っていたら、
素直なチビりんは信じてくれました。

軽い気持ちでそう教え込んだのもあるんだけど、
だんなはんからは

「外でもいうよ。
そして本当の年齢を知ったときに、
チビりんがうそつきになっちゃうよぉ。」

といわれていたんだが、
だってさぁ、少しでも若くいたいじゃん。

そんな大人の事情もチビりんにはわかるはずもなく・・・


その場では



「はいはい、かーちゃんは18歳だよ。」


と適当にあしらい、
別の話題に変えたが・・・



こんなに恥ずかしい思いをするのなら、
本当の年齢を言ってもらったほうがマシだな。

来週のお誕生日が来たら、
実際の年齢を教えることにしよう。

一気に倍以上増えることになるが・・・

数字を理解しているチビりんがどこまで納得してくれるかが課題になりそうだ。


そんなこんなの一歳半検診でした。



★ 追加の一言

最近、チビ&プクで遊ぶことが多く、
テレビの時間が少なくなってきました。
よいことだ。

| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 21:51 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ネブネブ通院

昨日、診察をした後、吸入器を病院へ返却しました。

今のところ自宅用を買うほどなのかどうかはわからない状態なのと、
病院のはずっとレンタルできないということなので、
しばらくは午前中に病院へ吸入しにいくことになりました。

午前中ってさぁ、チビりんが幼稚園に行っている間よ。
(今月はまだまだ午前保育)

貴重な時間なのに。

ああ・・・

と嘆いていたら、
だんなはんが

「そんなもんだよねぇ」

とな。

どういう意味さ。

そう簡単にはゆっくりのんびりタイムはできないのかぁ。

吸入は午前中でなくてもいいんだけど、
午後にチビりんを連れて行くのもかったるぃしさ。

今は落ち着くまでは吸入するけれど、
私の中では別の病院にするつもりです。

いまいち治療方法がねぇ・・・

★ 追加の一言

吸入器を「ネブライザー」というので、
「ネブネブ通院」と名づけました。

| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 13:42 | comments(4) | trackbacks(0) | -
キィーコ、キィーコ
吸入器


一晩たったプクりんをもう一度診察しなくてはいけないので、
午前中に病院へ

うーん・・・

あんまりかわらない。

呼吸も辛そう。

明日は病院はお休み。
日曜日も苦しいままだと辛いだろうということで、
病院が吸入器を貸してくれました。

すっかり喘息の子ってかんじよね。

朝晩、自宅で吸入しなくてはなりません。
苦しそうなら追加で2回までOKと。

このまま喘息の治療とかになるのかなぁ。
となるといつも行っている小児科ではなく、
喘息専門の病院にしなくてはいけないかな。

「小児喘息は大きくなればある程度落ち着くから。
それまでお母さんは大変だけど。」

先生や看護師さんから言われた。

今後のことをなんか構えてしまうじゃないの。



プクりん。
午後はとうとう発熱。
38度まであがっちまったよ。

立ち上がるのもきつそう。

そしてどこからかブランコがゆれるようなキィーコキィーコという音。




プクりんの呼吸音でした。


ゼロゼロでもなく、
ヒューヒューでもなく、
新しい音になりました。

大丈夫なのかぁ???


★ 追加の一言

近所のお好み焼きやさんで持ち帰り注文して夕食にした。
・・・普通の味。
あのふわふわ感は家ではだせなさそうだけど、
もう買うことはないかな。
| ゆっこ | 子育て(プク1歳) | 23:33 | comments(4) | trackbacks(0) | -