お誕生日会@プクりん (年少さん)
初めて見ます。朝礼。

今日は9月生まれのお友達のお誕生日会。
プクりんの生まれ月です。

はじめて朝礼を見ることができたよ。
(チビりんの8月生まれは夏期保育中なので、朝礼がない。)

園長先生のお話の後、今度運動会でする「風になって」体操をしてました。
チビりんは先頭だし、プクりんも前から2番目なので見つけやすいこと。
一生懸命体操している姿は年少さんも年長さんもかわいかった。
でもかなりの日差しで子どもたちも辛そうな顔をしてました。
(園庭に出る前に園長先生が水をまいてくれていたけれど、
あっという間に乾いてしまった。)

奇数月は教室でやります。

王様と同じものをカブって

「お誕生日会ではね、王様と同じものをかぶるんだよ」

と言っていたプクりん。

確かに王様と同じ冠だけど、
その意味の重さは雲泥の差だがね。
でも本人は王様になったような気分なのだろうか。

プクりんのクラスでは他にふたりの9月生まれがいた。
プレゼントをもらって、先生からのインタビュー。

先生 「何色が好きかな?」


プクりん 「黒」


(初めて聞いたよ。黒だなんて。)


先生 「幼稚園では何で遊ぶのが好きかな?」


プクりん 「ブロック」


(まぁ、そんなかんじかね)


先生 「おうちでは何でよく遊ぶのかな?」


プクりん 「レンジャーキー」


(ふむ、まともに答えているね。)


先生 「おうちの人からもらうプレゼントは何がいい?」


プクりん 「ウィザードライバー」


(本気なのかよっっっ。やっぱり本気なのか???)



もっと言葉に詰まるかなぁとおもったけれど、
ちゃんと質疑応答らしくなってました。
そしてウィザードライバーを求めてエンヤコラーをしなければならないこと確定です。



そのあとは「猛獣狩りゲーム」というのをやって、
お楽しみのおやつ。

今日はオレンジゼリーでした。
(ということは来年、再来年と9月はゼリーだな)

オレンジゼリーでした

スプーンの包装とゼリーのフタを開けるほうが時間がかかったのでは?
というくらい、ゼリーを食べるスピードがみんな早かった。

その後、お母さんたちで紙芝居を読みました。

「アンパンマンとタータン」

タータンとはターザンみたいな子らしい。
速読だけど、やはり登場人物の声色は変えなきゃならんだろう。
このタータンとやらが「あーあーたーすーけてぇ」とかほざく。
最初の「あーあー」はターザンが言うような「あーああー」発音なのか?
わからん。
とりあえず適当にターザンぽくやった。
だって、だって、座っている目の前に子どもたちがぞろっといるのよ。
かぶりつき状態よ。
本気でやらないといけない雰囲気。

こわいわー。

先生のピアノの伴奏で親子で手をつないで退場。
子どもたちのアーチがなくてよかった。

お誕生日会の間中、プクりんはべたべたと腕をからませて私にべったりでした。
でも退場して私だけ帰るとわかるとちょっと泣きそう。
なので「じゃねっ」と手をふってさっさと引き上げました。

猛烈に楽しみにしていたお誕生日会。
かなり満足していたプクりん。
幼稚園て楽しいところでしょ???
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
むらさきの四角

午前中。
お天気がよかった。

洗濯物を干しに2階にあがると、プクりんもついてきた。
私は1階から2階へ洗濯物を運ぶので何度か往復していたので、
プクりんはそのまま放置。
2階の子供部屋で何やらひとりで遊んでいた。

洗濯を干すのが終わったので先に下におりていくとプクりんが何やらブツブツいいながら追いかけてきた。

「大きいむらさきの四角とか小さいむらさきの四角が寝る部屋(子供部屋)にいて怖かったんだよ。」

「そうなんだぁ。怖かったのかぁ」

適当に流していた。

その後、また用があり2階にあがろうとすると、プクりんもついてきた。
そして階段の途中で

「ほら、そこにいるよ。むらさきの四角が。
ほら、ここに。こないでよ〜。」

と少しパニックになりながら、
自分の足やらお腹をパシパシたたいている。

なに? なんなの?
私には何にも見えないんですけど。
でもプクりんは本気であせっているようだし。

「来て欲しくなければ、『あっちいけっっ』って強くいいな。
かーちゃんも言うから。」

と見えない何かを一緒になってはたいていた。

「いなくなったよ・・・」

プクりんが言うので、
そのまま2階にあがり子供部屋へ

「まだいる・・・」

こっちも心臓バクバクですよ。

窓を開けて

「あっちいけって追い出そう。」

とまたまた一緒になって鬼は外状態を続ける。

「いなくなった」

というので窓を閉めた。

その後はプクりんはプレだったので送っていったが、
帰宅すれば今度は私ひとり。

なんだか怖いんですけど・・・

で、事の次第をだんなはんにメール。

返ってきたメールには

「残像じゃないの?
子供部屋は日当たりがいいし、ちょうどプクりんの目線から太陽がみえたんじゃないの?」

そういわれてみると、そうかもしれない。
そう思うか、そう思おう!!!
2度目の階段の途中でのことはなんとなく腑に落ちないが。
きっと太陽の残像だ。

私からはプクりんには「まだむらさきの四角は見える?」とは聞かないようにしている。
さらに何かが加わっていたら怖すぎる。

数年前、あみさんの通っていた病院の先生から「プクりんにはシックスセンスがあるかもよ。」と言われていたのをふと思い出した。
2009.04.22 Wednesday シックスセンス?」

☆ 追加のひとこと
気のせいかもしれないけれど、私も最近おかしなことがある。
はっきりとは見えないんだけど、視界の端のほうにたまーに何かが見えたりするんだよね。
人影なのか、それともたんなるピントが合うまでのぼやけとかなのか。
思わず二度見とかしちゃったりして。
想像しすぎかねぇ。そんな力はあるとは思えないんだけどさ。

| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
続・誕生日プレゼント
ブランコげっとぉ 

ばーちゃんからプクりんへの誕生日プレゼントは
鉄棒にブランコと吊り輪がついたもの。

せまいリビングなので、こんなものを置くとさらに狭くなってしまうのだが、
なんとか筋力を子供たち2人につけてほしいというのもあり、
こちらを希望しました。

本当は鉄棒だけで遊んでほしいのだが、
最初はオプションの方で慣れてからですかね。

でもすごいねぇ。

一人で座ることもこぐことも出来なかったプクりん。
何回か乗り方とこぎ方を教えたら、
設置した夕方には出来るようになっていた。

体操教室でも劣り気味のチビりんも吊り輪にぶら下がったりしてがんばってます。

よしよし。

以前、この場所に占領していた滑り台は子供部屋に移動。
それも収納スタイルになったまま。

こちらはどこかへ寄付するか、売るか、時間の問題かな。
自宅用の大型遊具はひとつで十分っすね。
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) | -
プクりん画伯
びっくりした顔なんだそうな 

2人目だと見過ごしてしまうねー。

ほとんど遊ばなくなったお絵かきボードをひっぱりだして、
何やら書いていた。

「びっくりしたの。びっくりした顔なんだよー。」

と絵の説明をしてくれていたが、

「ほぉーん」

と流していた。

ん?

あらぁ〜。

いつの間にか顔らしいものが描けるようになっているじゃーん。

「カメラもってくるから、消すなよー!!!」

パシパシと写真をとりながら、

「やばいっ。プクりんの成長も早すぎる。見過ごさないようにしなきゃ。」

と再度誓ったのでした。
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
早めのバースデーパーティ@チビりん4歳
家が風船だらけっ


お昼くらいにばーちゃんに連れられてチビりん無事帰宅。

久しぶりの再会にびーっぐはぐをしたかったが、
するっと逃げられた。
恥ずかしいのか? それとも私だけが寂しかったのかーーーー???

ばーちゃんはそのまま我が家に一泊するのと、
平日ではだんなはんが残業が続いているので、
チビりんのお誕生日会を今日することにした。

ばーちゃんち滞在中に買ったという"Happy Birthday"と書かれたたくさんの風船。
膨らませて、リビングに飾りました。


子供たちはばーちゃんに任せて、
私はディナー作成。

今回は

◎ パエリア
◎ マグロのカルパッチョ
◎ 大根とちりめんじゃこのサラダ
◎ KFCのチキンとポテト
◎ コーンスープ

となりました。
ほとんど手抜きですけどね。

そしてメインのバースデーケーキ

4才のバースデーケーキ

今年もまたアンパンマンをリクエスト。

ずっと「お誕生日のケーキは何??? 何の絵???」と聞きまくっていたが、
事前リサーチでは「アンパンマンのケーキがいい」と言っていたのでそれにしました。

なのに出した途端



「またアンパンマンだー」




じゃねぇよ。


今年はアンパンマンはアンパンマンでも、
上半身も描かれているのよ。
去年は顔だけだったじゃないの。


電気を消して、
お誕生日の歌。

歌も歌えるよ


泣きそうな、困ったような、
戸惑ったような表情をしながらも、
自分でもお誕生日の歌を口ずさんでました。

歌が終われば、ちゃんとろうそくも吹き消せたし。

すっかりおにいちゃんだなぁ。


チビりんの中ではバースデーケーキの重要度が大きく、
ケーキを食べ終われば、なんだかマッタリモード。

もうひとつありますよー、忘れてませんか???


くねくねロード


プレゼントっっ。


今年もまたアンパンマンとなりました・・・


つなげてくねくねロードというやつ。


どーせすぐに飽きるんだろうけれどさ。


という大人の意見はぐっとこらえて・・・


人にも物にもそれほど執着がないチビりん。
ブームは去りつつあるものの、
とりあえずまだアンパンマンが好きだから、
それにしたって感じでしょうかね。

一応、本人のリクエストのものです。


なのでプレゼントすると、やっぱりうれしそう。


「プクりんも一緒に遊べるしぃ。」



なんて言っていたけれど、
実際には無理だろうね。
触らせないんだろうね。


もう寝る時間も近くなっていたので、
おもちゃは明日にしましょう。

と言い聞かせる。



「いいよー」




あっさり。


普通、子供って新しいおもちゃなんて目の前にしたら、
あけたくて駄々こねるものなんじゃないのでしょうか???

プレゼントした側としては、複雑な気分です・・・


今回はもうひとつプレゼントがあります。


寝るときに使用している「おやすみシアター」の新しいカートリッジ。

"トイストーリー・バージョン"

おやすみシアターのトイストーリー

我が家の天井に映し出された実際の映像写真です。
トイ2までのキャラがでてきます。

これにはチビりんもプクりんもおとなしく凝視ながら、
いつの間にか寝てました。


2日も前倒しのお誕生日会。
本当に今日で4歳なったような気分。

チビりんも4歳気分。

4歳かぁ・・・

ふとした表情とかもう少年になりつつあったりして、
大きくなったものだ。

会話もちゃんとできるようになったし、
親子の関係もスキンシップだけでなく、
言葉でコミュニケーションできるようになってきておもしろくなってきたぞ。

外にでれば、自ら弟の手を取ったり、
弟の気持ちを代弁してくれたり、
とてもやさしい気持ちも育っているようです。

子供を持った親がよく言う言葉で、

「子供の成長が楽しみです。」

という定番なフレーズ。

ありきたりな言葉だけど、
本当にそのとおりだなぁと思うわ。

どんな大人になるのかな。

どんな恋をすのかな。

どんな仕事をするのかな。

考えただけでもワクワクします。

★ 追加の一言
兄が帰ってきたことでテンションあがりまくる弟。
留守中は朝、目覚めて一発目の言葉が
「チビりん???」
と兄の名前。どんだけ好きなのさ。
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 21:30 | comments(4) | trackbacks(0) | -
胎児記憶 Part2

昼間、スーパーに買い物に行った帰り道。

いきなりチビりんが話し始めた。

「僕、生まれたときに何も着ていなかったんだよ。」

普通に駐車場に向かっているときに言われたので、びっくりした。

よし、何か話したいのか。
ならば黙って聞いてみよう。


「ぐるぐるぽーんって生まれたの。」

「それからお風呂に入ったんだ。」


なんかリアルよねぇ。


ちょいちょい質問も入れてみた。


私 「何色のお風呂だった?」

チビりん「白。だって僕の家のお風呂は白いもんね。」

(この発言は信憑性はないけれど、実際の産湯は白いシンクでしたね。)


私 「生まれたときにまわりは何色だった?」

チビりん 「白」

(分娩室は白でしたねぇ。)



私 「かーちゃんのおなかにいるときに、何をしていたの?」

チビりん 「プクりんと遊んでいた。」

(すでにプクりんも待機していたのか!?)


私 「生まれるときは痛かった? つらかった? 気持ちよかった?」

チビりん 「気持ちよかったよ。」


私 「かーちゃんのおなかから出るときに、どっちから出てきた? 足? 頭?」

チビりん 「頭から」

(50%の確率で当たっているな・・・)


私 「生まれてから回りに誰か見えた?」

チビりん 「かーちゃんとぉ、とーちゃんとぉ、ばーちゃん。」

(ばーちゃんは立会いしてませんね。新生児室から窓越しにばーちゃんを見ていたか?)


私 「じゃぁ、チビりんはかーちゃんのおなかから出てきたときのこと、覚えているんだね。」

チビりん「覚えているよぉ。」



と、なんだか当時のことが当たっているんだか、当たっていないんだか微妙な感じだけど、
でもチビりんが自分から話はじめたことだし、信じてみようと思う。

贅沢を言えば、もっと具体的に、当事者しかわからないことを言ってもらいたいなぁ。
今回も後半は私の選択肢の中から選ばせた感じだモノ。

1年程前にもチビりんに胎児記憶を聞いたことかあったな。

2009.03.01 Sunday 胎児記憶

このときは、ちゃんとした発言は得られなかったな。


もうすぐチビりんは4才。
いろんなことを理解しているようだし、
チビりんが生まれたときのビデオを見せてもいいかなぁと思ったのでした。

★ 追加の一言

子供たちの寝かしつけは19時過ぎ。
その後は自分の時間にできるのに、
子供たちが寝た途端、どっと疲れがでてきて、眠くなってしまう。
今日も、もう眠いぞ・・・

| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
チビりんの発見 (手編)
チビりんの手


「かーちゃん、かーちゃん!!!」

とチビりんが自分の手を私に見せに来た。


「手に"て"って書いてあるよ。」







こーゆーことらしい。






手にて




いや・・・これは手だから"て"って書いてあるわけではなく・・・
他の体のパーツには名前はかいていないだろう。



3歳児の発見でした。


★ 追加の一言

チビりんのすいぃーとな言葉炸裂の毎日。
今日は「一緒にいてくれてありがとう。」なんて言われた。
きゅん・・・
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
世の父・母、がんばろー!!!

どっぷり夏休みがはじまりましたねー。

ついこの前の3月までは一日中子供が二人いる生活をしていたのに、
チビりんが幼稚園にいくようになり、
昼間、プクりんと二人の生活にあっという間に慣れてしまった。

なので夏休みとかいうイベントのおかげで、
すっかり忘れてしまった子供とべったりの生活をやらなければならないわけだ。

私が耐えられるわけない。

なので幼稚園の「預かり保育」を数日申し込んでみた。
もちろん有料だ。

本日、一回目。

チビりんには

「今日はあそびの幼稚園で、制服は着ていかないし、
かーちゃんが自転車で送っていくし、迎えにいくし、
年中さんや年長さんのお兄さんお姉さんとも遊べるし、
お弁当も食べられるし、プールも入れるし・・・・」


と、こんこんと楽しいんだぞっっというのを植え込む。


「えー、そーなのぉぉぉ??? わーい!!!」


と喜んでいるチビりん。


その勢いのまま連れて行く。


年中さんのクラスに送り届ける。
みんな私服だし、みたかんじ同じクラスの子はいなかったようだし、
なんつーのかな独特の雰囲気にチビりん圧倒されるかなぁと心配。

ちゃんとみんなと遊べるかなぁ。

ちょっと強制的すぎたかなぁと不安になりながらも、その場を去る私。

夏休み中の預かり保育には預ける時間のパターンがいくつかあるんだけど、
チビりんは14時過ぎにお迎えにいくのにしました。

お迎えの教室が見えるところに行くと、
チビりんと目が合う。

「わぁ〜、かーちゃんだぁ。」

とぱーっと笑顔になる。

あれぇ? 不安だったのかなぁ。

と思ったら、なんだか楽しそうにお帰りの準備をしているし。

先生に話を聞くと、
お兄ちゃんたちも相手をしてくれるし、
トイレもちゃんとできたし、
プールも張り切ってやっていたし、
問題なかったですよ。

とのこと。

心配していたのは母だけってかんじですかね。

帰り際に今日の担当だった先生に投げキッスとかしているチビりん。



どこでおぼえたのー!!!!?




先生も投げ返していた。




先生が吹き込んだのかー!!!?




なんだか楽しかったみたいジャン。

お弁当も全部食べたし、でもチビりんの話では一番最後に食べ終わったようだし、
虫を探しに行ったり、かけっこしたりしたようだ。

子供と全力で遊ぶのがかったるーいとか思ってしまう私。
夏休みって「家族で楽しい思い出を!!!」とか「夏は成長する時期」とか、
なんだか親へのプレッシャーの時期でもあるきがする。

相手はするさ。
自分の子供だもの。
だけど毎日なんて私には無理。
だからこういうシステムを利用するのもいいかもと思ったのでした。

私も小さいころ、よく母親に地域の行事とかよく連れて行かれたものだ。
それも近所だけでなく、市のイベントとか。
だから知らない子供と水鉄砲とかたけとんぼとか作ったりしたことがあった。
知り合いがいないところにぽーんと入れられた不安は今でも覚えているけれど、
そういう経験は、やっぱりあってよかったのかもと思う。

人生は経験。

なんて大きなことを言ってしまうとこっぱずかしいが、
勇気をだして子供をぽーんと出してしまうのも大切なんだと思う今日この頃。

なんかよくわからない文章になってきましたが、
夜の晩酌をしながらのブログってことで。

世のお父さん、お母さん。
夏休み、がんばろー!!!

★ 追加の一言
今度はプクりんが風邪を引き始めたようだぞ。
たんがからんで、ゴロゴロいってます。
それからゼロゼロするのか??? はぁ・・・

| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ブロックの片付け方
几帳面なチビりんの片付け方


チビりんがブロックを片付けた。

なに?

なんなの?

このきっちり具合。

四角のブロックとその他をカテゴリー分けしているし。



このLEGOはだんなはんの実家のおもちゃ部屋(甥っ子姪っ子がかつて遊んだもの)が置いてあるところから発掘したLEGOのデュプロ。

バケツいっぱいあるのだから、新しいものを誕生日に買う必要ないと思いまして、
チビりんに「LEGOじゃなくて、別のにしようよぉ」と言ったら、
「いーよー」とあっさり。

アンパンマンもそろそろ卒業みたいだし、
戦闘モノのマネはするが実際にはまだみせたことないから、
心底はまっているわけではないし。

4才の男の子がほしいもの。

なんだろう。

週末にでもおもちゃやさんめぐりしなければならないかもなー。


★ 追加の一言

だんだん夕食の時間が早くなってきてます。
最近は17時半には食べて、19時前には就寝な子供たち。
おかげで朝は5時前とかから活動されることたびたび。どーなのぉぉぉおお????
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 19:44 | comments(4) | trackbacks(0) | -
お手伝い大好き
まずはバジルを収穫

最近、お手伝いが大好きになっているチビりん。

取り込んだ洗濯物を運んでもらったり、
たたんでもらったり、
テーブルを拭いたり・・・
いつもは簡単なものからやらせてはいるけれど、
せっかくの日曜日だし、ばばーんと何かやりましょう。

なので何かできることはないかなーと考えた結果、
久しぶりに家でピザを作ることにした。

我が家のバジルちゃんもいい感じに成長しているし。

生地はホームベーカリーにお任せして、
それから成形して、トッピングをしてもらうことに。

私は具をカット。

それ以降はだんなはんとチビりんにやってもらうことにした。

生地をのばして、ソースをぬりぬり

チビりん、お風呂上りなのでパジャマですみません。
見えないけれど、ちゃんとエプロンもしてます。

形やピザソースのぬり具合は気にしないようにして・・・と。

がんばって作ったピザは

できたよー、ピザ

みんなでおいしくいただきました。

また作ろうかね。

★ 追加の一言

今はうまくできなくても、将来私が楽するためだ。
根気よくいくぜ・・・なんてなっ。
衣食住は誰でも必要だものね。できるようになってもらわなきゃ。
| ゆっこ | 子育て(チビ3歳) | 23:14 | comments(2) | trackbacks(0) | -