勝浦紀行 2010 夏
ゆりかもめのたまごキャラ


昨日から一泊で夏休みの旅行にまたまた千葉県のブルーベリーヒル勝浦に行ってまいりました。
今回で4度目です。
だんなはんの健保、活用しまくりーのです。

写真は幕張SAにいた「ゆりかもめのたまご」とかいうお菓子のキャラ。
身動きがとれずにぼーっとしていて、
他のお客さんもあまり近づかないのでちょっとかわいそう。
なのでチビりんと撮影させてもらいました。


ホテルに行くまでにちょっと遊んでから。

こどもの国へ

千葉こどもの国 キッズダム

このくらいしかチビりんたちくらいの遊び場が見つけられなかった・・・

また「市原ぞうの国」に行きたかったけれど、
前回も夏に行って、すんごく暑かったし、
山にある動物園てかんじなので、
上るのが大変だったのよね。ベビーカーなんてあるとつらいつらい。

ここの園内はほとんどが芝生。
みんなレジャーシートとか、テントとかもってきて、
思い思いに遊んでいるひとが多かった。
奥のほうに子供が遊ぶ乗り物とかアスレチックがあった。

うちはダムダムボールという大きなやわらかいボールで遊べるエリアに入ってみた。
(別料金 歩ける子供から一人200円。付き添い一人は無料。再入場可能。)

ダムダムボール

床も柔らかい素材でできているので、怪我しにくく安心だが、
砂埃がすごくって、汗もかいていたし、すぐに体中がザラザラしたかんじになった。。

奥に見える遊具にはローラー滑り台もついていた。
しかーし。
上に行くには普通の階段なんてついておらず、
ロープのネットをはいあがるか、
ロープでできたスケスケの階段をあがるとか、
体をつかいやがれっていいやがる。

滑り台に上るまで

「かーちゃんと行く」

と最初は怖い怖いといいながらも、
スケスケの階段をあがっていたが、
何度かやっているうちに楽しくなったようで、
自分が登るようになっていった。

が、やっぱり一人では行きたくないとな。

先のローラー滑り台を私もやったんだけど、
お尻がいたーい。

ゴロゴロとローラーをあてられるので、
お尻のセルライトがつぶされたような気がしたよ。

この滑り台付の遊具。
もちろん次男も自らガンガンに行きました。
(上までほぼ抱えてあがったのはきつかったぜ・・・)

はしゃぐ、はしゃぐ

とにかくテンションが高い息子たち。

めずらしくチビりんもめいいっぱい楽しんでいるってかんじ。

よかった、よかった。

ちなみにプクりんの帽子。
あまりにも頭がでかいので、
気がつくとするんとずれて、
頭の上に帽子が乗っているってかんじ。
50cmでも小さいってどういうことさ。

お昼ごはんを食べてから、
今度はアスレチックエリアへ

弟は怖いものなし

この隙間があいたピラミッドのような遊具。
プクりんはどんどんのぼっていったよ。
本当に次男ちゅうのはすごいねー。

反対側ではチビりんが

「怖くてのぼれないよー」

と弱音を吐きながら上ってました。

ジャイアンのリサイタルあるかも?

たくさんの土管もおいてあって、
ドラえもんの世界!?

ジャイアン(プクりん)のリサイタルするか???

アスレチックで遊びます

こーんなアスレチックなどがあちこちにたくさんありました。

チビりんは吊ってある木の棒のアスレチックを、
慎重に慎重に進み、
渡りきった時にはとても自信がついたみたい。

もー、子供たちの相手、補助係で汗だく。
ジャブジャブ池とか、汽車とかもあったが、
もう限界よ。
ホテルにいこっっっ。

ここまではだんなはんが運転してきたが、
ホテルまでは私に交代。

ふふ、今回のドライブはちがうわよー。
だんなはんが車のナビ兼オーディオにiPodにつなげなれるコードをつけてくれたから。
だから膨大な量の音楽から好きな曲を選んで、
ルンルンで聞きながら運転できるってわけよ。


しかし、


助手席のチビりんから熱烈なリクエスト




「アンパンマンの歌がいいっっ」



アルバム一枚分、アンパンマンを聴くことになっちまったよ。

ちっ・・・

でもチビりんには


「最初の曲がもう一回流れたら、今度はかーちゃんの好きな曲にさせてね。」

とお約束。

やさしい息子は

「うん、いいよ。」

と言っていたが、アンパンマンのアルバムが終わったのは、
ホテルに着く10分前。

がっくし・・・



チェックインして、急いでシャワーを浴びて、水着に着替えてホテルのプールへ

16時少し前に行ったんだけど、子供は17時までしかプールに入れない。
あと一時間しかなーい。

しかし、プールについて、入水してすぐに、
10分休憩。

ホテルのプールにて

プクりんがプールを大変気に入りまして、
入れないことでおお泣き。

10分間長かったぁ・・・

他の人の目が、痛かったぁ・・・

チビりんも4才近くにもなると違うねぇ。
2年前に来た時にはプールの水に足をつけただけで、しくしく泣いていたのに、
今回は新しいアイテムの浮き輪があるせいか、


「もっと奥にいこー」


と足の届かないところにつれていけと催促。


プクりんには両腕に浮き輪みたいなものをつけて、
水深の浅い子供用のプールへ。
(それでもプクりんには奥へ進めば足がつかない。)

本人、泳いでいる気分。

途中でチビりんとプクりんが浮き輪を交換したんだけど、
浮き輪の上においてある両腕をまっすぐ頭上に「とぅーっ」と伸ばそうとする。

もちろん体が沈む。


それでもケラケラ笑っている。


チャレンジャーだなぁ。


来年は浮き輪が二ついるね。



日が傾いてきていたし、
かなり寒くなってきた。

17時前にはあがって、部屋に戻ることにしました。

部屋まで歩いて帰ります

しっかり体をふいたし、
水着のまま部屋に戻るか。

まだまだ元気なチビりん。

ビーチボールを抱えて、丘を走り回ってました。



夜はお楽しみのビュッフェ。

相変わらず料理がおいしい。

食べまくった。




プクりんがっっ。




パンを食べて、炊き込みご飯を食べたかと思えば、またパンに戻り、
もちろんおかずもちょいちょい食べて、
ケーキ、ケーキと叫び、
私の持ってきたケーキをどんどん平らげていき、
腹いっぱいになったところで、

「ごっちょちゃま」

と両手をあわせて、
背の高い子供イスから自力で降りて、
徘徊スタート。



だんなはんと連携して、
なんとか食事は終了した。




私は食べたんだか、食べていないんだか・・・
ああ、一番の楽しみのビュッフェが・・・



レストランの外にでると、
夕焼けがきれいだった。

食後にみた夕焼け

家にいると、16時台には子供たちとお風呂に入ってしまうので、
夕方に外にでるなんてことは皆無。

なのでこんな空を久しぶりに見れて新鮮だったなぁ。

チビりんが


「お空が赤い・・・」


とちょっと心配そうでしたが。


こんだけ一日遊んだり、食べたりしたんだもの。
さっさと寝てくれるでしょう。


人気者のかーちゃん



せめーよ。


もうモテモテな私。

ふたりとも私と寝ないとダメだとよ。

これも平日にだんなはんが残業続きで留守な結果だよね。

興奮しているせいか、
二人ともなかなか寝ず・・・


でも眠りに落ちてからはチビりんはいつも以上に熟睡してました。


寝てからチビりんはだんなはんのベッドに移動。
私とプクりんで寝ていたんだけど、
夜中に二人とも汗だく。
何度もエアコンの温度を下げたり、上げたりしにいったわ。

だんなはんは「寒かったぁ。」
なんて言っていた。

次回は窓側に寝るのはやめよう。




翌日




朝の5時ごろに起きただんなはん。

ひとりで1時間ほど敷地内を散歩してきたようだ。


早朝の散歩


あひるさんなどもいて、のどかー。


ってジジーみたいよ。


私はだんなはんが散歩にでかけたことには気づいたが、
とてもとてもおきれません。

寝不足だし、
プクりんのおさわりから逃げられない。

6時過ぎに戻ってきただんなはん。

雨が降ってきたってよ。


あれよあれよといううちにザーザーぶり。


本日の予定。

広い芝生で持ってきた飛行機、竹とんぼで遊ぶ。

もう一度プール。


すべて中止。


朝食を食べた後に敷地内のキッズルームで30分ほどすごして、
部屋に戻り、荷物整理。

チェックアウトするころにもまだまだ雨はやまず。


残念すぎる。


どこかに寄るアイデアもでず。


ただ、ホテルの隣にある「ミレーニア勝浦」という別荘地の管理室で、
私の中学時代の同級生が働いていると前回の同窓会で言っていたので顔を出してみた。


一年ぶりねー。


彼はサーフィンが好きで千葉に移住したので、
もうすっかりサーファーってかんじ。
我が家もボディーボードを再開するようなことがあったら、
いいポイントでも教えてもらいたいものだ。

ちょろっとお話をして、ミレーニアのパンフレットをしっかりいただいて帰りました。
(将来、ここに住みたーい。南カルフォルニアをイメージした家並み。素敵なのよー。)


結局、そのままどこにも寄らず自宅に戻りました。


正直、不完全燃焼。


ホテルのあの広い芝生で子供たちと遊びたかったなぁ。
ちょうど実がなっているブルーベリー狩りもしたかったなぁ。

だんなはんの忙しい時期が抜けたら、
すぐにでももう一度行きたいわ。

これで今年の夏の旅行は終わり。
あとはおとなしくしています。

今までの勝浦紀行はこちらをクリック
(今回の日記も含まれてます)

★ 追加の一言

家に帰ったら先月の水道代の明細がポストに入っていた。
ガンガンに家でプールしていたせいか、
すんごい金額になっていた。

あとはおとなしくしています。
| ゆっこ | 勝浦紀行 | 20:57 | comments(4) | trackbacks(0) | -
勝浦紀行 2009 春
長文です。

潮風王国にて

だんなはんが「勝浦、いくかー」と一週間前に言いまして、
急遽、健保経由でブルーベリーヒル勝浦を予約しました。

5日の日曜日から二泊三日。

先週はチビりんが発熱したこともあり、いけるかどうかあやしかったけれど、なんとか行けました。

病み上がりで強行すぎ?



1日目



今回は直接勝浦ではなく、千倉の「潮風王国」に寄りランチ。
(上の写真は潮風王国の前にて)

海の幸のランチ

だんなはんは海鮮丼とサザエのお刺身、
私はおたのしみ定食という名のにぎりと大きなエビフライ。
チビりんは私からとりわけと、パンでも食っとけ。
(ほとんどエビフライ食べられた)

やはり海の近くで食べる魚介類はおいしいねー。
その分、値段もすばらしいけれどさー。

次はローズマリー公園に寄りました。

ローズマリー公園

お花がきれいねー。

曇っていた天気も、少し回復してお日様もみえてきた。

今回はチビりんにもカメラを持たせまして、
彼の目線で撮影させてみた。

カメラマン、チビりん

子供が撮る写真て結構面白いです。
ちなみにチビりん用のデジカメはだんなはんと付き合っているときにはじめてもらったSONYのサイバーショット。
ちぃさいやつさ。
画素は低いけれど、写真のL判くらいならまだまだ問題なく印刷できるよー。

わすれちゃならねー、プクりんもいますよー。

オレもいるでよぉ

プクりんにとっては初めての旅行だけど、
常に寝てました。

それから海沿いを走り勝浦に向かいます。

途中、鴨川を通過しているときになつかしい風景がっっ。

波乗りの合宿でだんなはんに再会したときにみんなで行ったお食事処とか発見。
その当時の記憶がよみがえってきて、なつかしかったなー。

このとき、初めて買ってもらったのが「たまごボーロ」だったなぁ。

お互いにまだ20代だったなー。

と、昔をおもいつつ、ホテルに到着。

今回も夜のバイキングでは食べ過ぎました。
ここのホテルのバイキングは料理がしっかりしているので、
どれもはずれなしでよいっす。
毎回楽しみよー。




2日目


本日はだんなんはのお誕生日!!!

今年はだんなはんも年男。4Rap目に突入っスカ。

そのお誕生日の今日は、

菜の花たくさーん

マザー牧場に行きました。

菜の花まんかーい。

桜は・・・5分咲きかな。

わーいわーい。


でもここは山の上。

あちらこちら行くのに山をアップダウン。
結構、傾斜もきつい。
でもチビりんはしる。
足をとられる。
転ぶ。

顔面強打。

左頬、擦り傷&青タン。

それからブルー入る。

ファームツアーに申し込んでみた。
でっかいトラクターの後ろに客席がついているのに乗って、
お客さんが普通には観れない牧場内をまわれるのでした。

ファームツアー

ブルーはいっているチビりんは、
途中下車してひつじさんたちにえさをあげたりするのも拒否。
ほとんど抱っこでしたよ。

さっさと戻ろうとするし。

私はたのしかったけれどさー。

ダチョウにキューブ状の干草をあげると丸呑み。
あの長い首をツツツーとその干草が降りていくのが見えるのがおもしろーい。

お乳を出す牛さんや、お食事になってしまう牛さんなども見学。
じっくり30分、楽しめました。

ランチははじめてジンギスカンを食べました。

たくさんのかわいい羊さんたちを見た後にどーよってかんじですが、
おいしくいただきました。

ただ食べたところが屋外で、風が強い。
寒かったー。

後できづいたが、屋内でもジンギスカンをやっているとこあったのよー。

ちっ。

その後はチビりんがねてしまった。
なのでプクりんはスリングで抱っこにして、
チビりんをベビーカーに乗せてみた。

足、とびでてますけどー。

一番マザー牧場をたのしんでほしい人が寝てしまってはつまらない。

でも、みちゃうよー。

アヒルの行進

アヒルの行進に

牧羊犬とひつじ

牧羊犬がひつじをまとめるショー。
(これ、わたし、見たかった。かっこよかったよー。)

プクりんはポカーンて感じでみていたけれど、
雰囲気だけでも味わえたならいいわ。

そんなこんなで一日が終わりました。

この日は宿泊客が少ないのか、
ホテルの夕食はバイキングではなく、
フレンチのコース。

フォアグラなんて久々に食べちまったよ。

チビりんの食事はついていないので、とりわけしたんだけど、
2歳でフォアグラデビューなんて贅沢だ。




3日目



少々お疲れ?

ホテルのロビーにて。

もう今日は帰るよー。

幕張のカルフールに寄ってランチをして、
夕食のおかずを買っておうちに向かいました。


子供、2人を連れての初めての旅行。

正直、めちゃくちゃ疲れた。
プクりんはほとんど寝ていたけれどさ。
それでもやっぱり疲れた。

この疲れ、一日寝たくらいではとれないかもしれないな。

それと、だんだん大きくなる子供達。
旅行にいくとお金がかかるのは入場料と食事代。
今は取り分けとかですむけれど、
いっちょまえにたべるようになれば、
今の2倍はかかるようになるわけだ。
旅先の食事代は高いし。
となると宿泊は健保を使うしかないよねー。
だんなはんが転職しないかぎり、
今の健保をつかいまくるしかないね。

↓疲れたけれど、リフレッシュできたぞ。
人気ブログランキング
| ゆっこ | 勝浦紀行 | 22:50 | comments(3) | trackbacks(0) | -
勝浦紀行 2008 夏 2日目&3日目
2日目。

部屋の温度があまりにも妊婦には暑過ぎて、
目が覚めた時はぐったり。
(だんなはんやチビりんには快適な温度だったようです)

おかげで体調は最悪。
朝食もあまりすすまず。

こんなんで今日の予定はこなせるのか?


本日は「市原ぞうの国」へ。
行きの車で寝せてもらったおかげで、
到着したころにはかなり元気に。


ぞうさんショーを楽しみにしていたんだけど、
これが予想よりも楽しかった。

タイ現地の調教師がぞうさんの上に乗って、
いろんな芸をみせてくれます。

ボールを蹴ったり、
絵を描いたり、
看板持って歩いたり。

これが観客に近いのよ。
結構な迫力。

チビりんにも

「あれはぞうさんだよ、ぞうさん」

と教えてあげたら、

「ぞーーーーさん」

と発言連発。
今日はリアルぞーさんを覚えました。

リアルぞーさん

ショーの後はぞうさんに背中に乗れたり、
鼻でリフトされたりするイベントもあり。
(もちろん有料)
もう少しチビりんが大きくなったら乗りたいな。



つーか、私、本気で乗りたかった。



だんなはんがタイに旅行に行ったときにぞうの背中に乗ったらしい。
その話を聞いたらますます乗りたくなったよ。
でも妊婦は拒否されるだろうとおもって、我慢したけど。




他のお客さんがぞうの背中に乗ったりしている間に、
私たちは移動を開始。
園内にはぞうさんだけでなく、たくさんの動物もいるのです。
キリンやカピバラやヘビや鳥、おさるも。
小さな動物園です。
が、この場所は山の傾斜を使ってある動物園なので、
動物をみてまわるには山道をあがっていくようなもの。
8ヶ月のでかい腹&強烈な日差しにノックアウト。
たらんこたらんこ移動していました。

そうこうしているうちにショーを終えたぞうさんたちがおうちに帰ります。
これが普通に園内を歩いて帰るのですよ。

「赤い線からでないでくださいねー」

「小さいお子様は飛び出さないようにしてくださいねー」

ぐらいの注意で、目の前をぞうさんがノッシノッシと歩いていくのです。


ありえなーい。
普通の動物園ではありえなーい。


こんなに近くでぞうさんをみれて、
やっぱり私がチビりんより興奮。





がんばって上の方まで登って行ったけれども、
わたくし、もう限界。
休憩所で座って待っていることに。
その間、だんなはんとチビりんはさらに上へ見学。
ゆっくりだけどちゃんとだんなはんの後をついて歩くチビりんに、
成長をみました。







今日のイベントはこれまでー。
あとはゆっくりホテルに戻ります。
途中でお昼を購入し、ホテルで食べて、
お昼寝して、夕方にはお散歩。


涼しくなったのでお散歩


ぶつぶつしゃべりながらもちゃんと歩きます。


敷地の中にはお花も植えてあります。
異様にお花に興味を持つチビりん。

かわいいお花がたくさん

いいことです。

たくさんあるお花の中でも私が気に入ったのはコレ


このお花、気に入った。


なんかカワイイー。
名前はわからないけれども。
ポピーの一種?



うさぎ小屋もあったんだけど、
すでに何人か子供たちが入っていたので今回は見送り。
部屋に戻ろうと歩いていたら、うさぎがぴょんぴょん。


脱走うさぎ


えー、うさぎ逃げちゃっているんじゃない???


ちょうど飼育委員さんがうさぎ小屋からでてきたので、
手を振って知らせる。
その距離、かるく50mくらいはありそう。

私に気づいた飼育委員さん。
日が傾いてきたとはいえ、かなりの暑さ。
なのにダッシュして来てくれました。


「うさぎが逃げているようなんですけどー」


と教えてあげると、


「あー、この子はもう2ヶ月くらい前に逃げ出したっきりなんです。
なかなかつかまらないので、このままでいいですよー。」

とハァハァ息を切らせながら説明してくれました。

そうだったんですか・・・
わざわざすみません・・・


なんとか捕まえようとがんばっていただんなはんにも、
その子は脱走うさぎということで報告。


ということでお散歩終了。
またまた夕食のビュッフェでは食べすぎて、
プレイルームではままごとして、
部屋でぐーたらしてこの日は終わり。







3日目。






今日は帰るだけ。
チェックアウトまで部屋でのんびり。
そしてゆっくり帰路に着きました。
15時くらいには家についたんだけど、
それからも何もする気ならず。
旅行気分のまま一日が終わりました。



これで出産前の遠出は終わりかな。
最後の家族3人の旅行。
チビりんの記憶には残らないかもしれないけれども、
たっぷり親の愛情を独り占めできた時間だったのではないかしら。

私も何事もなく帰宅できてよかったです。


↓胎動の位置が変わってきたような・・・戻ったか?
人気ブログランキング
| ゆっこ | 勝浦紀行 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) | -
勝浦紀行 2008 夏 1日目
だんなはんの会社の健保で約半年振りに勝浦のブルーベリーヒルに行きました。
今回は2泊しまーす。

午前中に義理父の家で早めの送り火をしたりしていたので、
出発は遅くなってしまいました。なので今日は移動のみ。
途中、幕張SAでランチ。
いやー、あまりにもキレイになっていたのでびっくりぃ。
トイレもなんなんじゃーってかんじでした。

チェックインしたのが15時くらい。
それからすぐにプールへ

さーて、チビりん。
沖縄以来のプールです。
どうなるでしょう。

ホテルのプールにて

だんなはんに連れられて・・・・

くるぶしくらいまでの水でアウト〜。
しくしく泣き始めるぅ〜。

お風呂ではバッシャバッシャ水がかかっても大丈夫なのに、
プールはだめだったようです。
何度かチャレンジするけど、いけても股下まで。
無理強いは禁物。

ということでほとんどプールサイドで遊んでました。

陽も傾いてきたので、着替えてお散歩しながら部屋に戻ります。


散歩


あいかわらず広い敷地。

でもチビりんはそんなにはしゃぐこともなく・・・

サンダルを履いてるんだけども、
足に芝生があたるのが嫌なようです。
慎重に歩きます。

結局、元気になるのは部屋の中と、
プレイルームだけ。

プレイルームで遊びまーす。

どーもチビりんはインドア派のようです。

ホテルのプレイルームには見たことがある遊具が・・・
IKEAのだー。
でもチビりんは体を使う遊具ではなく、
おままごととかのほうが好きなようです。


夕食はバイキング。
体重増加が気になる今日この頃。

でも、今日は旅行だぜぇ。

料理にケーキにアイスクリームにしっかりいただきました。

↓部屋のお風呂は広いので、家族3人で入りました。
 よいねー。
人気ブログランキング
| ゆっこ | 勝浦紀行 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
勝浦紀行 復路
朝日です

キレイな朝日でお目覚め。
久しぶりにピンクの朝日をみたよ。

朝食後はすぐにチェックアウト。
日本の三大朝市と言われている勝浦の朝市に行ってみた。

勝浦の朝市

月曜日ということもあり、冬ということもあり、
終了時間一時間前ということもあり、
あんまり人がいなかった。

干物、佃煮、野菜など地元の人の手作りの品がたくさん売ってました。
試食もできて、結構楽しめた。

でもすんごい寒かったぁ。



次は養老渓谷へ紅葉見物へ

勝浦側から渓谷へ行く道はとんでもなく細く、
対向車がいたらたいへーん。

でもほとんど対向車にあわず。

あれ? 今、紅葉シーズンだよね。


プチいろは坂状態の山道を登ると公共の駐車場を発見。
たくさん車もあるし、人がいるじゃんっ。
たぶん、東京側からくる人が多いってことね。


今回は昨日の教訓でチビりんは最初からおんぶにしました。

渓谷におりるとすぐにあるのは粟又の滝

粟又の滝

どどどーっというような滝ではなく、
のっぺりした斜面に水が流れてました。


紅葉はというと、こんなかんじ。


養老渓谷の紅葉


京都のように全部が真っ赤というのではなく、
色がかわる木はちびっと。
ちょっと残念な気もした。

この遊歩道は片道約2km。
元気に出発したけれども、なかなか終点に着かない。

チビりんはこんな状態だし。

おんぶして散歩


途中でだんなはんとチビりんのおんぶを交代しながら進むけど、
1.5kmくらいで断念。
折り返すことに。

片道こんだけ歩いてしまったわけだから、
また帰りもこんだけ歩くわけで。




遊歩道のところどころに立派なカメラを持ったおじさまたちがいて、
紅葉を撮影してました。
木だけでなく、どうやら川に写っているものも撮影しているようで。
なのでマネしてみた。

川に写る紅葉

なんだかよくわからんな。
でもモザイク効果をつけたようでよしとしよう。




お昼過ぎに渓谷を出発したのだけど、
ランチするのに適当なお店がなく、
チビりんもそのまま寝てしまったので食べずに帰路につく。


でもまっすぐにはおうちに帰りません。
今日は船橋のららぽーとに行ってみました。

どっひゃー、広いなぁ。
お店がたくさんでよくわからん。

で、買い物ではなく、ちょぃと早めの夕食をしました。




食後に外にでると、イルミネーションが。


ららぽーとのイルミネーション その1


キレイだぁ。


振り返ると、こんなものもあった。


ららぽーとのイルミネーション その2


ぷちミネナリオみたいだ。





その後、IKEAによって雑貨をいくつか買って、
またまた無料のコーヒーをいただく。

IKEA ファミリーばんざーい!!!
平日ばんざーい!!!


今回も赤いソファに座れました。

IKEAのカフェで その2



チビりんはだんだん親から離れて行動できるようになりました。

自分なりにどれだけ離れられるか学んでいるんだろうな。




千葉方面に行くと、やっぱりIKEAよっちまうね。

こんなかんじで勝浦旅行は終わりました。

余談ですが、実家に預けたあみさんは食事を自分で食べず、
ばぁちゃんの手から食べていたようです。
ばぁちゃんに甘えて、自分の存在を確認していたのかな?
決してあみさんを捨てたわけではないのよぉ〜。

なのであみさんがこんななので、
当分は旅行なんていけないだろうな。

↓旅行の後の大量の洗濯物。ああ、嫌だ嫌だ。
人気ブログランキング
| ゆっこ | 勝浦紀行 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
勝浦紀行 往路
紅葉を観にいこうということになり、
勝浦に一泊で行きました。

だんなはんの健保で泊まれるホテルが勝浦にあったので。

本日は日曜日。
きっと観光客も多いと思ったので、紅葉見物は明日に。
行きの大多喜町の道の駅でお昼を食べて、
鵜原理想郷へ

展望台があるのでチビりんをバギーに乗せて出発。


・・・失敗。


遊歩道なんてもんじゃない。


プチ山登りっすよ。


坂道だったのが階段に変わり、山道に変化。


途中で入り江を発見。

軽く山登りしたときに見つけたので、降りることに。

バギーは山道に路駐。
チビりんはおんぶ紐に乗り換え。

鵜原理想郷の途中の入り江

息を荒くしながらも山登りを続ける。

がんばって登った先にはこんな素敵な景色が。

鵜原理想郷の展望台にあった鳴らないベル

展望台にあったベルなんだけど、鳴りません。
恋人岬にあるような気分で勢いよく紐をふったんだけどね。
壊れてました。

登ったり下ったりを繰り返し、
こんな薄気味悪そうなトンネルもいくつもくぐって。

ぶっそうなトンネル

ビーチにぬけました。

やっとチビりんをバギーに乗せて歩けるぜ。

おだやかーな海です。
ほとんど波がありませーん。

鳥居の間にサーファーが

でも写真の鳥居の中を良く見ると、サーファーがいます。
ロングのひとだったけど、
波待ちの時間がながすぎーっってくらい波ないです。

ぐるーっと周って駐車場に戻ったときには15時を過ぎていたので、
そのままホテルに向かうことに。





今回宿泊したホテルはブルーベリーヒル勝浦
ここはITS健保専用のホテルではなく、一般の人も泊まれる普通のホテル。
なのに宿泊料金は3,150円。
もちろん食事も付いてます。




とにかくだだっぴろい。

フロント・レストランのある棟から宿泊する棟まで車で移動。
お部屋は映画でみたことあるような外国の寄宿舎みたい。
外観はレンガ造り。

外国の寄宿舎みたいな宿

お部屋の中もとってもラブリー。
天井にもはばきがあって本当に外国みたい。

お部屋その1

お部屋その2

広いし、チビりんはしりまくり。

残念なのは温泉がないので、部屋にある家庭用のお風呂を使用することくらいでしょうか。
でもお風呂も1.25坪くらいの広さだし、
YAMAHAのお風呂でミストサウナもできるし、ジャグジーもでる。
浴槽は我が家で買えなかった人工大理石。
家より豪華だ。




日が沈む前にお外に行きました。

が、どこをどーいっていいものか。

なんせ何もなくってひろい。

広いぜ、敷地

ヤギさんとうさぎさんがいたので、チビりんを連れて行く。
ちょうどうさぎさんのお食事時間で、
係りの人が葉っぱをたくさんくれた。
自分たちであげていいって。

うさぎとチビりん

チビりんは自分で葉っぱはあげれなかったけれども、
あみさんと一緒いるせいか、うさぎにビビることはなかった。



研修棟の中にはツリーやサンタさんの飾りがたくさんあった。
・・・んだけど、気になったサンタさんが。

サンタさんたち

なぜ、「だるまさんがころんだ」状態に?



夕食はビュッフェスタイル。
宿泊客の人数によってはコースになるみたいだけど、
小さい子供がいるとビュッフェのほうがよいです。

お料理おいしい。
洋食、和食そろっていたし、
豚肉の塩釜焼きなんてしゃれたものまでありました。
デザートも6種類くらいのケーキとアイスクリーム。

調子に乗って食べまくった。

チビりんもだいぶ大人と同じものが食べれるようになってきたので、
とりわけもできたし楽になってきたよ。




フロント横には大きなクリスマスツリーが。
雰囲気もとってもよかったけれども、
チビりんは下にツリーの下にも飾ってあったオーナメントの方が気になるようで・・・

クリスマスツリーですけど

夢中で拾ってました。



部屋に戻ってからも元気なチビりんは、
あちこち走り回ってました。
大興奮です。



さて、明日は紅葉です。
キレイに見えるかな?

↓食べ過ぎたからなのか、まだ体調が万全でなかったからなのか、
 夜中に吐いた。参った・・・
人気ブログランキング
| ゆっこ | 勝浦紀行 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) | -